くにたちの特産品

更新日:平成28年7月1日

「くにたちの特産品」を紹介します

「くにたち」ならではの商品がたくさんあり、魅力的です

(写真)「くにたちの特産品」を紹介します

市内の生産農家は130軒ほどあり、ほうれん草や小松菜、トマトになすなどの「くにたち野菜」を味わうことができます。
新鮮なトウモロコシのもぎ取りも期間限定で行われます。
畑に併設された直売所では、農家さんと会話しながら、愛情いっぱいの新鮮な「くにたち野菜」を手にいれることもできます。

また、最近都内での生産がぐっと減っている「お米」。谷保地域のたんぼで「谷保産米」として大切に育てられています。

市民ボランティアによって花粉付けされる「多摩川梨」も絶品です。国立といえば、大学通りの桜が有名ですが、4月中旬から、南部では、梨の花が見ごろになり、白い梨の花がいっきに開花します。

夏近くには、朝顔市で販売される「朝顔」が一斉にお目見えします。朝顔の種類も豊富で、「日本あさがお」や「西洋あさがお」と一鉢一鉢、温度管理のうえ大切に朝顔の里で育てられています。

その他にも、農家さんと、くにたち野菜と地域食材の店「とれたの」がコラボレーションして製品化した「ほうれん草うどん」や「小松菜うどん」。
くにたち花と蜜蜂の会の会員さんによる「国立養蜂」といった「くにたち」ならではの商品もあります。

また、国立市商工会認定の「くにたちStyle」として登録された商品(スイーツや食品、お酒)、サービスもたくさんあり魅力的です。

「くにたち」ならではの商品、ぜひ、手にとってみませんか。

市内の野菜直売所をマップで紹介。ぜひ、お気に入りの直売所を発見してみてください。詳しくは、下記リンク「農産物直売所」へ。

農産物の直売所マップ

地場野菜や多摩地域の名品が購入できる、くにたち富士見台人間環境キーステーション(通称KF)運営の「とれたの」。詳しくは、下記リンク「103号室 くにたちの野菜と地域食材の店 とれたの」へ。

103号室 くにたちの野菜と地域食材の店 とれたの

「くにたち朝顔市」は毎年、7月初旬に大学通りで開催されています。詳しくは、下記リンク「くにたち朝顔市」へ。

第29回 くにたち朝顔市 -終了しました-

関連情報

「くにたちStyle」 国立ならではの商品やサービス。(国立市商工会認定) (外部リンク)

「国立ショッピング情報」 市内のショッピング情報を掲載。 (外部リンク)

「国立養蜂」 国立南部の畑の野菜や花、多摩川河川敷のアカシアなどを蜜源とした「国立産はちみつ」。 (外部リンク)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 市長室 広報・広聴係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(31番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:225、226)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム