住宅地等安全緑化

更新日:平成28年7月1日

市民の協力で住宅地等安全緑化を推進しよう!

住宅地等安全緑化ってなに

子どもやお年寄りの身になって住宅地を歩いてみると、道路は狭く、高いブロック塀により視界が遮られていることがわかります。このブロック塀を低い植込みにすることにより、視界が広がり交通事故の危険を減らすことができます。このように住宅地に緑化スペース(以下、安全緑地という。)を設けることで、安全確保と緑化を図ろうというのが住宅地等安全緑化の考え方です。安全緑化の思想は、思いやりと景観形成から成り立っています。

安全緑地の効果は

  1. 緑化により景観が良くなる。
  2. 温室効果ガスの低減に寄与できる。
  3. 交差点の見通しが良くなり、自動車や自転車の交通事故が未然に防げる。
  4. 緊急時の避難場所として逃げ込む空間が確保できる。
  5. コミュニケーションの場として、道路沿いで安心して井戸端会議ができる。

安全緑地見本園

安全緑地見本園は、安全緑地を知ってもらうのと同時に、個人が生垣を作る際、参考にしていただけることを目的に設置しました。なお、国立市では従来から緑の保護および緑化の推進を目的とする生垣補助を行っております。この制度を利用して安全緑化に配慮した生垣を作ってみませんか。

生垣新設の補助金制度

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 環境政策課 花と緑と水の係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(16番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:137、138)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム