モンクロシャチホコについて

更新日:平成28年7月1日

モンクロシャチホコは害虫ではありません

(写真)モンクロシャチホコは害虫ではありません

 毎年主に涼しくなる9月頃、大学通りの桜を始め、市内のあちらこちらの桜の木からたくさんの毛虫が地面に這い下り、道を歩いていたりします。黒くて大きめの良く目立つ体に黄色っぽい毛がびっしり。

 しかも一匹や二匹ではなく、そこかしこにいます。一目見ただけでゾッとする方も多いのではないでしょうか。

 その正体は、モンクロシャチホコという名の蛾の幼虫です。

モンクロシャチホコとはどんな虫?

 成熟した幼虫の体長は、約5センチほどで紫黒色の体に黄色みがかった毛が生えています。桜をはじめ、梨や梅などのバラ科の植物を好みます。シャチホコの名前の由来は、幼虫がシャチホコみたいに頭と尾をふりあげるポーズが得意だから、この名前が付いたという話もあります。
 幼虫は、葉を大量に食べて育ち、毎年、8月から9月頃に樹上から地面に降りてきます。そして、落ち葉や浅い土中に潜り、さなぎになって、冬を越し、6月から7月にかけて成虫になります。

毒はないの?

 見た目がグロテスクなだけでなく、たくさん道を歩いていますので、毛虫が嫌いな方の中には、「存在するだけで害」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、モンクロシャチホコには毒がなく、人間には全く無害です。
 でも、桜の若い苗木などは、大食漢のモンクロシャチホコにかかれば、葉を食べ尽くされ、丸裸にされてしまうこともあるため、若い桜の木には困った存在ではあります。

駆除はしないの?

  モンクロシャチホコは、桜などの食害を除けば、基本的に人間には無害な存在ですから、むやみに駆除することはしません。なぜならば、駆除するためには、農薬を使用することになるからです。毒を持たないモンクロシャチホコを駆除するために、環境や人体に悪影響を及ぼす可能性のある農薬を散布することのデメリットの方が大きいと判断しているため、原則的には駆除はしない方向で考えています。
  ただし、最近のモンクロシャチホコの大量発生が、今後、桜の樹勢にどのように影響するのか、また、どうしても駆除しなければならない場合に農薬を使用したり、発生を予防するために薬剤を樹幹に注入する方法をとった場合などにはどのような影響があるのか、天敵生物により減少させることはできないか等々について、専門家などのアドバイスを受けながら、様々な角度や分野から調査・検討していきます。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 環境政策課 花と緑と水の係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(16番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:137、138)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム