このページのトップ

現在のページ : ホーム ›  くらしの情報 ›  ごみとリサイクル ›  ごみ等の出し方 ›  家庭ごみの出し方 ›  ごみの分類と地区別収集日

ここから本文

ごみの分類と地区別収集日

更新日 平成28年1月13日

家庭ごみの出し方

家庭のごみは

家庭のごみは、収集日の午前8時30分までに、決められた場所(集積所)に出してください。ごみの種類により出す曜日が決まっています。国立市では、家庭ごみは以下のとおり分別してください。

  • 可燃ごみ
  • 不燃ごみ
  • プラスチック製容器包装
  • 製品プラスチック類
  • 有害ごみ・危険物
  • 可燃系資源物(紙類・衣類)
  • 不燃系資源物(ビン・ペットボトル・カン・スプレー缶)
  • 粗大ごみ(事前申込制・有料)
  • せん定枝・落ち葉・草(事前申込制)

 (注)不燃ごみ、プラスチック製容器包装、製品プラスチック類、有害ごみ・危険物の収集は同じ曜日ですが、その後別々にリサイクルしますので、それぞれ別の袋で出してください。
 (注)ビン、ペットボトル、カン、スプレー缶は同じ収集日ですが、「ビン・ペットボトル」「カン・スプレー缶」に分けて袋に入れて出してください。「不燃ごみ」では出さないでください。

50センチ以上のごみは粗大ごみになります。

 一辺が50センチ以上のごみは粗大ごみになります。
 スピーカー・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジ・オーブンレンジは、50センチ未満でも収集に支障があるため、例外的に粗大ごみ扱いになります。
 エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は、特定家庭用機器として市では収集していません。
(注)一辺の長さというのは、たたんだり、折り曲げた状態ではなく、そのままの広げた状態を基準に考えます。

臨時に多量のごみを出す場合は有料です。

引越し等で臨時に多量のごみを出す場合は有料になります。事前にごみ減量課清掃係までお問い合わせください。(作業は収集運搬のみです。事前にまとめられ、屋外に出されたごみのみ収集可能です)

市で収集できない物もあります。

収集に支障があるものや処理が困難なもの、メーカー回収となっているもの等は市では収集しません。下記「市の収集に出せないもの」のページでご確認ください。

ごみの分類

可燃ごみ(50センチ未満)

 透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。食用油は新聞紙や布等に染みこませてから出してください。

  • 生ごみ
  • 資源とならない鼻がみ等
  • 紙おむつ
  • 靴・カバン
  • 座布団類
  • 針葉樹の枝木:直径8センチ長さ50センチまでに切って束ねる。(1度に2から3束程度)

 (注)三ない運動「買いすぎない」「作りすぎない」「食べ残さない」にご協力ください。
 (注)生ごみは、水切りネットなどで捨てる前にギュッとひとしぼりしましょう。
 (注)紙は資源になりますので、水曜日に可燃系資源物(紙類)として出してください。

不燃ごみ(50センチ未満)

 透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。スピーカー・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジ・オーブンレンジは、50センチ未満でも収集に支障があるため、例外的に粗大ごみ扱いになります。

  • ヤカン・フライパン
  • せともの
  • アルミホイル等
  • 小型家電製品(50センチ未満のもの)
  • かさ(50センチ以上でも可)

(注)携帯電話は購入した販売店にお返しください。

プラスチック製容器包装(50センチ未満、汚れていないもの)

 透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。さっと水で洗って見た目で汚れがなければ、リサイクルしますので、プラスチック製容器包装で出してください。洗っても汚れが落ちそうにないものは可燃ごみで出してください。

  • プラマークのついたもの
  • プラスチック容器
  • レジ袋
  • トレイ類
  • 発泡スチロール

 (注)買い物の際にはマイバッグを持参し、不要なレジ袋の使用は控えましょう。
 (注)食品トレーや卵パックなど、販売店で回収している物はなるべく販売店にお返しください。

製品プラスチック類(50センチ未満)

 透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。

  • プラスチック製のおもちゃ
  • 洗面器
  • CD・DVD
  • スポンジ
  • バケツ
  • 歯ブラシ 等

 (注)プリンター等のインクカートリッジは購入した販売店にお返しください。

有害ごみ・危険物

 処分の方法が異なりますので、透明・半透明のビニール袋で以下の4種類それぞれ別々の袋に入れて出してください。(乾電池を捨てる場合は電気店等の回収ボックスもご利用ください。)

  • 蛍光管(1メートル以上は粗大ごみ)
  • 体温計
  • 乾電池
  • ライター

 (注)充電式電池は電気店等で回収していますので、そちらにお返しください。

可燃系資源物

 種類別に十字にひもでしっかりと縛ってください。(紙類はなるべく紙ひもで) 布類は濡れてしまうとカビが生えてしまい、リサイクルできなくなりますので、雨の日には出さないでください。
 酒・ジュースのパックで中がアルミコートされているものは可燃ごみで出してください。 レシート等の感熱紙はリサイクルできません。可燃ごみで出してください。シュレッダーごみは透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。

  • 布類(綿入りは可燃ごみ)
  • 毛布
  • 牛乳パック(酒パック・ジュースパック)
  • 新聞(広告含む)
  • 雑誌・本
  • ダンボール
  • その他の紙

 (注)新聞はなるべく販売店にお返しください。
 (注)書籍等はなるべく古書店等にお売りください。また図書館のリサイクルコーナーもご利用ください。

不燃系資源物

 透明・半透明のビニール袋に入れて出してください。 大規模集合住宅はコンテナによる回収です。 ビン・化粧ビン・ペットボトルとカン・スプレー缶で分別してください。 スプレー缶は必ず使い切ってから出して下さい。(穴は開けないでください)
 (注)化粧品業界でビンの規格が統一され、化粧ビンがリサイクルできるようになりました。これまでは「不燃ごみ」として出していただいてましたが、これからは他の飲料用のビンと一緒に「ビン・ペットボトル」としてお出しください。

  • ビン類
  • 化粧ビン
  • ペットボトル
  • カン類
  • スプレー缶

 (注)ビン・カン・ペットボトルなど販売店で回収しているものはなるべく販売店にお返しください。

粗大ごみ(資源物以外で50センチ以上)

 個別収集いたしますので、ごみ減量課清掃係へ申し込みをして、地域ごとの収集日に出してください。まだ使えるものは再利用できるように再生する場合もあります。

 (注)まだ使えるものはなるべく中古品リサイクルショップ等にお売りください。

せん定枝・落ち葉・草

 個別収集いたしますので、ごみ減量課清掃係へ申し込みをして、水曜日に出してください。チップ化してリサイクルいたします。

ごみの収集日

国立市の収集日一覧表
収集地域 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
東・中・谷保・青柳
石田・ 泉・ 矢川
可燃ごみ 不燃ごみ
プラスチック製容器包装
製品プラスチック類
有害物
可燃系資源物
(紙類・衣類)
可燃ごみ 不燃系資源物
(ビン・ペットボトル)
(カン・スプレー缶)
富士見台
西・北
不燃ごみ
プラスチック製容器包装
製品プラスチック類
有害物
可燃ごみ 可燃系資源物
(紙類・衣類)
不燃系資源物
(ビン・ペットボトル)
(カン・スプレー缶)
可燃ごみ
  • 粗大ごみの収集日は下記「粗大ごみの出し方」のページでご確認ください。(個別収集となります)
  • せん定枝・落ち葉・草の収集日は水曜日です。(個別収集となります)

関連情報

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 ごみ減量課 清掃係
電話:042-576-2111(内線 141,142,143,149) ファクス:042-576-0264
メールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

このページの先頭に戻る