【中止】〈平和について考える連続講座(8)〉平和維持活動の今後について

更新日:令和2年1月5日

【講師の都合により中止となりました。】

講師 井上 実佳 (東洋学園大学)

  国際連合(国連)の創設から75年が経過しました。国連の安全保障理事会(安保理)は世界の平和と安全について主要な責任を担う機関です。しかし、冷戦期東西対立により安保理が機能不全に陥り、急ごしらえで世界の戦争・紛争に対処すべく設置されたのが「国連平和維持活動(PKO)」です。
  紛争とテロとの密接な関連性も散見される中、難しい課題は一般市民が人道危機にさらされ、攻撃対象になっていることです。国連もPKOの変革に取り組んでいますが課題山積の中、紛争の解決のためには、誰が何をすべき(すべきでない)なのでしょうか。
  今回、アフリカに焦点を当てながら、PKOの歴史と現状、今後の展望についてお話を伺います。日本のあり方にも触れつつ、平和構築について皆さんと考える機会にしたいと思います。

〈井上さんの著書〉
『日本外交の論点』(共著)法律文化社、『国際平和協力入門』(共著)ミネルヴァ書房ほか

時間

2月2日(日曜日) 午後2時から4時

場所 公民館 地下ホール
定員 50名(申込先着順)
申し込み

1月15日(水曜日)午前9時から
公民館電話042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム