自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期限の延長について

更新日:令和2年5月20日

新型コロナウイルス感染状況を考慮し、更新申請のため診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則の一部が改正され、自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期限が1年延長されることとなりました。

対象となる方

自立支援医療受給者証に記載されている有効期間(期限)が、令和2年3月1日から令和3年2月28日までとなっている方。

受給者証の取り扱い

現在お持ちの受給者証を引き続きご利用いただく予定です。

更新手続きの取り扱い

まだ、更新手続きをされていない方につきましては、更新のための診断書等の書類を提出いただく必要はありません。

なお、保険や所得区分などの変更には、お手続きが必要です。郵送による申請も可能です。ご希望の場合は、下記 問い合わせまでご連絡ください。

 

お問い合わせ

健康福祉部しょうがいしゃ支援課 手当・給付係

電話 042-576-2111(内線161・162)

ファクス 042-573-1102

 

 

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 しょうがいしゃ支援課 手当・給付係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(5番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:161、162)
ファクス:042-573-1102
お問い合わせフォーム