臨時福祉給付金(経済対策分)

更新日:平成29年8月1日

申請期間は終了しました。
臨時福祉給付金については、1階3番窓口福祉総務課地域福祉推進係にお問い合わせください。

臨時福祉給付金(経済対策分

制度の概要

臨時福祉給付金は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。平成31年10月より、消費税率引き上げ後の低所得者対策、逆進性対策として、軽減税率の導入に当たり、これまでの簡素な給付措置は終了します。

そのため、臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成31年9月までの2年半分を一括して支給するものです。

確認じゃ!臨時福祉給付金(厚生労働省)

申請できる方(支給対象者)

下記の1から4までのすべてにあてはまる方が対象です。

  1. 基準日(平成28年1月1日)時点で国立市に住民票がある
  2. 平成28年度市民税(均等割)が非課税である
  3. 平成28年度市民税(均等割)課税者の扶養親族等(注)1ではない
  4. 生活保護制度の被保護者等(注)2ではない

給付決定前に亡くなられた方は対象外です。

 

  1. 控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族、青色事業専従者及び白色事業専従者
  2. 生活保護法の被保護者、中国残留邦人等に対する支援給付の受給者、国立ハンセン病療養所等入所者家族生活援護費の受給者、ハンセン病療養所非入所者給与金(援護加算分)の受給者

申請期間

平成29年7月31日で、申請期間は終了しました。

 

給付金を装った「振り込め詐欺」や不審な電話・メールにご注意ください

給付金の手続きで、ATMの操作や手数料の振込を求めたり、電話やメールで口座情報などの個人情報を照会することは現時点ではありません。不審な電話がかかってきたり、メールで手続きを求められた場合は、最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))にご相談ください。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 福祉総務課 地域福祉推進係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(3番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:152、408)
ファクス:042-576-2138
お問い合わせフォーム