くにたち発☆中高生CMプロジェクト

更新日:平成29年2月16日

完成作品を掲載しました!

中高生たちが夏休みの約1ヶ月間をかけて制作した映像CM(コミュニティ・メッセージ)をホームページ上および動画共有サイト「YouTube」に掲載いたします。本プロジェクトでは、7名の中高生たちが自分の関心に沿って構想し、それぞれが「私」のメッセージを伝えるために映像を作成しました(詳しい制作過程は下記を参照)。作品の内容は、くにたちに関する芸術、食、自然など多岐に渡ります。参加者の中高生たちは初めての経験に関わらず、インタビューや撮影、編集など一連の作業をこなし、好奇心と個性にあふれる7つの作品を仕上げました。ぜひご覧ください。

作品名(コミュニティ・メッセージ)一覧

No.1「国立いいとこ-国立という小さな町でほっこりしませんか?-」(8分)
No.2「歴史が多い楽しい町」(7分30秒)
No.3「Shall we eat Kunitachi ?」(5分30秒)
No.4「国立にいる植物」(4分15秒)
No.5「静かな東京でほっと一息つきませんか」(5分30秒)
No.6「今の国立と昔の国立」(1分15秒)
No.7「Gallery in Kunitachi」(8分)

作品は下記リンクよりご覧になれます。

くにっこch.

<ロケMAP>
☆・・・撮影(ロケ)を行なった場所

上映会を開催します!

この夏、市内の中高生が市民の方々のご協力を得て、くにたちのまちを舞台に映像制作に取り組みました。大学通りや旧国立駅者に象徴されるくにたちのイメージをかたちにした作品や、谷保や矢川地域の自然を映した作品、まちに関する素朴な疑問から取材を試みた作品、まちの歴史に焦点を合わせた作品など、「CM=コミュニティ・メッセージ」という意味を込めて、全7作品を制作しました。これらの作品の上映会を開催します。どなたでもご参加いただけますので、ぜひ、お越しください。

上映会の詳細

日時:9月11日(日曜日)13時から14時頃
場所:公民館1階 市民ロビー
(注)当日会場へ直接お越しください。

撮影をしている様子

映像編集をしている様子

 

 

 

講師の小林はくどうさん、大学生を交えて、全7作品の構想を練りました。

「くにたち発☆中高生CMプロジェクト」開催概要

 テレビやネット上で様々な映像で溢れるこの時代、中高生のみなさんもたくさんの情報をそこから得ているかと思います。その一方、自分のまわりや街のことなど、身近で疑問に思うことってネットで検索してもなかなか出てこないですよね。
  そこで、この企画では、あなたの周りのこと、あなたの街・くにたちについて知りたいこと、疑問に思うことを、あなたの自由な発想で撮影、編集し、映像作品として発信するということを行います!
  プロの映像作家に学びながら、夏休み+αの期間でチームを組んで映像制作を行い、発表します。

<ポイント1>構想から撮影、編集、発表まで全ての工程を自分の手で行ないます。

はじめに構想するためのヒントや編集技術を学び、全5回を通じて映像作品を完成させていきます。「シナリオを作ってみたい」、「映像編集をやってみたい」など映像やメディアに興味がある人、大歓迎!

<ポイント2>チームを組んで作成します

中高生に加え、大学生もサポートスタッフとして加わり、チームで映像を作成します。チームの中で、時にはカメラマン、時にはレポーター、時には音声マンとして役割分担を上手にしながら、互いにアイデアを出し合って完成させて下さい。

<ポイント3>「CM」=「コミュニティ・メッセージ」!!

一般的には「CM」=「コマーシャルメッセージ」という意味で扱われますが、この企画では「CM」=「コミュニティメッセージ」を意味することにし、私たちの街、国立から発信するメッセージとして映像作品を発表していきます。映像作品は市民の方々を招いての上映会やネット上からの発信を予定しています。

<企画詳細>

企画詳細
日にち 場 所 内容・テーマ
第1回 8月2日(火曜日) 公民館
3階講座室
講義・演習
「映像メディアってどんなもの?」
第2回 8月3日(水曜日) 公民館
3階講座室
構想・演習
「何を撮る? どうやって撮る?」
第3回 8月6日(土曜日) 市内各所 取材・撮影
「くにたち探検!カメラを持ってまちに出よう」
第4回 8月18日(木曜日) 市役所3階
第3・4会議室
編集
「効果をねらえ! 編集力=伝える力」
第5回 9月11日(日曜日) 公民館
3階講座室等
講評・上映会
「あなたに届け、わたしの『CM』」
((注)上映は公開プレゼンテーションを予定)

(注)いずれも、午前10時から午後3時まで(正午から午後1時は昼休憩)。

上記の他に、自由参加の日を設ける場合があります。

 

<申し込み方法>

  • 講師
    小林はくどう(ビデオ作家)、一橋大学サークル「映創会」の方々
  • 対象
    市内在住、在学の中学生・高校生等(18歳以下の方)(注)原則、全日程に参加できる方
  • 定員
    12名(申込先着順)
  • 申込方法
    7月7日(木曜日)午前9時より、担当係へ電話、または直接窓口にてお申し込みください。
  • 受付時間
    午前9時から午後5時(土・日曜・祝日を除く)
  • 参加申し込み・問い合わせ
    児童青少年課児童・青少年係(担当:高野・庄司)
    電話:042-576-2111(内線324)

本企画は、NPO法人国立市観光まちづくり協会フィルムコミッション委員会、株式会社JVCケンウッド、サイバーリンク株式会社の協力を得て実施されます。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
子ども家庭部 児童青少年課 児童・青少年係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(18番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:195、198、324)
お問い合わせフォーム