DV相談、女性の方へ

更新日:平成29年7月28日

配偶者間等での暴力についての相談(DV相談)・支援

1.被害者のための相談・一時保護・自立支援

DV(ドメスティックバイオレンス)は、配偶者や恋人など親密な関係にある者から暴力をふるわれることです。

DV被害者には、現在、心身への危害・危険があるだけでなく、無力感やPTSDなど将来にも影響が起こりえます。
また、子どもにとって、DVを目撃すること自体が心理的虐待ですが、DVが起こっている家庭では、子ども自身も直接的な暴力を受けている場合が少なくありません。DVでは?と感じたらご相談・ご連絡ください。

ご相談は

東京ウイメンズプラザ

 電話:03-5467-2455(午前9時から午後9時 年末年始を除く毎日)

東京都女性相談センター

 電話:03-5261--3110(午前9時から午後8時 月曜日から金曜日 祝日・年末年始を除く)
 緊急の場合は03-5261-3911(夜間・休日のみ)

東京都女性相談センター多摩支所

 電話:042-522-4232(午前9時から午後4時 月曜日から金曜日 祝日・年末年始を除く)

警視庁総合相談センター

 電話:03-3501-0110(午前8時30分から午後5時15分 月曜日から金曜日 祝日・年末年始を除く)

立川警察署 生活安全課防犯係

 電話:042-527-0110(午前8時30分から午後5時15分 月曜日から金曜日 祝日・年末年始を除く)
 緊急の場合は110番(24時間)

女性の方へ

2.女性福祉資金

 都内に6ヶ月以上お住まいで、配偶者がいないか、いてもその扶養を受けられない女性に、転宅、住宅、修学、就職、医療介護などに必要な資金をお貸しします。詳しくは、母子・父子自立支援員、婦人相談員まで。

3.悩みごとは母子・父子自立支援員、婦人相談員へ

 子育て支援課子育て支援係には、母子・父子自立支援員、婦人相談員がいて、ひとり親家庭の方や女性の方が抱えている悩みごとの相談に応じます。お気軽にご相談ください。

関連情報

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 市長室 平和・人権・ダイバーシティ推進係(男女平等・女性支援担当)


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(3番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:403)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム