四種混合DPT-IPV

更新日:平成29年4月4日

四種混合DPT-IPVについて

四種混合ワクチンの接種等に関しては、概略下記の通りです。

  • 対象者:生後3か月以上7歳6か月未満の方で、原則、三種混合ワクチン、ポリオワクチンのいずれも接種していない方
  • 接種回数:4回
  • 接種間隔:
    (1)初回接種:3回 20日以上の間隔で3回接種。(標準として20日から56日までの間隔で3回) [1歳までに接種することが望ましい]
    (2)追加接種:1回 初回接種終了後6か月以上の間隔をおいて1回接種。 (標準として12から18か月)
  • 予診票:市内の指定医療機関に予診票が備えつけてあります。生後1か月を迎える月に、予診票は個別に送付しています。
  • 実施医療機関
    1.市内実施医療機関について下記の定期の予防接種実施医療機関一覧をご覧になり、医療機関へ事前に連絡のうえ、母子健康手帳を持参し、実施医療機関に備え付けの予診票に必要事項を記入し、接種を受けてください。
    ・四種混合予防接種市内予防接種実施医療機関については、定期の予防接種実施医療機関一覧をご覧ください。
    ・予防接種を実施する曜日や時間帯は医療機関ごとに異なりますので、事前に医療機関に予約をしてください。
    2.市外実施医療機関について上記、国立市内の実施医療機関の他に、近隣11市(昭島市・清瀬市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・東村山市・東大和市・武蔵村山市、府中市)でも、接種を受けられる医療機関がありますので、健康増進課保健センター(保健センター内)までお問い合わせください。
    なお、国立市の予診票が必要になります。お持ちでない方は、事前に母子健康手帳を持って健康増進課保健センター(保健センター内)へお越しください。

こどもの予防接種

三種混合ワクチン・ポリオワクチンの予防接種について 

平成28年7月15日をもって、国内に存在するワクチンすべてが有効期限切れとなり三種混合の予防接種は終了しました。
生後3か月以上7歳6か月未満の方で、すでに三種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風)及びポリオワクチンの両方もしくは片方のワクチンの接種を開始し、接種が終了していない方は、四種混合ワクチンでの接種、ポリオワクチンのみ不足している方は原則として単独のポリオワクチンの接種となります。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
子ども家庭部 子育て支援課 子ども保健・発達支援係


住所:186-8501 国立市富士見台3-16-5(保健センター内)
施設のページ
電話:042-572-6111
ファクス:042-574-3930
お問い合わせフォーム