幼児教育講演会:「幼児教育の時代」が始まる!-新しい指針・要領と国立のこれから-【保育あり】

更新日:平成30年9月10日

汐見稔幸白梅学園大学学長

社会の急激な変化の中、子どもたちが主体的に学び、生き抜く力を育む必要性は高くなっており、意欲・協調性・忍耐力・計画力・粘り強さといった乳幼児期の非認知能力の育成が重要であると言われています。
あわせて、あらゆる教育の中で乳幼児期の教育こそが大切という気運が高まってきています。
平成30年度から施行される「幼稚園教育要領」、「保育所保育指針」、「認定こども園教育・保育要領」においても、その要素が盛り込まれました。
国立市では、「保育所保育指針」の改定において、厚生労働省の専門委員会において委員長として携わられた汐見稔幸氏を講師にお迎えして、講演会を開催します。この機会に、幼児期の子どもの成長に大切なことは何か、子どもの育ちについて一緒に考えてみませんか?
幼児教育講演会:「幼児教育の時代」が始まる!-新しい指針・要領と国立のこれから-【保育あり】の詳細
分野

イベント

子ども・子育て

場所 くにたち市民芸術小ホール(国立市富士見台2-48-1)
対象 国立市内の保育施設・認定こども園・幼稚園等関係者及び国立市民
定員

定員あり(先着順)

国立市内の保育施設・認定こども園・幼稚園等関係者250名(事前申込制)
国立市民60名(当日先着順)。ただし、保育・教育等関係者の事前申込状況により市民枠の定員を増やす場合があります。

費用 無料
申込

申込不要

ただし、国立市内の保育施設・認定こども園・幼稚園等関係者の方々は事前にお申込ください。

保育

講演会中の保育について(保育のお申込みは終了いたしました。)

講演会中の未就学児(満1歳から就学前まで)のお子様の保育を実施します。保育を希望される方は下記によりお申し込みください。なお、人数に限りがありますこと予めご了承ください。

小学生以上のお子様及び保育が満員のためお預けできなかったお子様の会場への入室は可能ですが、お子様が泣いてしまった場合などには一旦ホールから席を外すなどのご配慮をお願いします。

保育定員

8名(申込先着順)

保育場所

くにたち市民芸術小ホール2階和室(予定)

保育申込

下記のメールアドレスに、お子様の氏名(ふりがな)・生年月日(年齢)・性別・講演会に参加する保護者氏名・連絡可能な電話番号を明記したメールをお送りください。保育の可否については、申込されましたメールアドレスにご連絡いたします。

申込期限

平成30(2018)年1月29日(月曜日)17時締切

申込先

sec_jidosyonen@city.kunitachi.lg.jp

関連ファイル

幼児教育講演会のご案内(PDF:378KB)

関連ページ

講師プロフィール(白梅学園大学ホームページ)

問い合わせ先

子ども家庭部 児童青少年課 保育・幼稚園係



住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(19番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2427(直通)、042-576-2111(内線:139、406)
ファクス:042-576-2283
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。