〈環境講座〉プラスチックの行方―家庭から海洋へ、そして食卓へ―

更新日:平成30年6月5日

講師 高田 秀重(東京農工大学)

  私たちの生活の中にはプラスチック製品があふれています。便利なプラスチックは、いまや世界中で毎日大量廃棄され、海洋汚染につながっています。そして巡って私たちが食べるものに影響を与えています。
  プラスチックはどんな特性を持ち、どんなかたちで汚染につながっていくのでしょうか。
  今回、廃棄されたプラスチックの海洋汚染を研究されている高田さんから汚染の実態についてお話をいただき、私たちが出来る事など、考える機会にしたいと思います。

日時

6月23日(土曜日) 午後2時から午後4時

場所 公民館 3階講座室
定員 35名(申込先着順)
申し込み 6月7日(木曜日)午前9時から
公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム