〈朗読講座〉ことばを楽しむ

更新日:平成30年6月5日

講師 石井和子(フリーアナウンサー、気象予報士、日本気象予報士会顧問、白山朗読の会主催)

  この講座では、口のうごきや腹式呼吸など声を出す練習からはじめます。そして、作品のことば・文章が表している場景や心情を考えながら、また自分の中の気持ちとイメージを広げながら、それを聞き手に伝える朗読の表現方法を学んでいきます。
  作品のことばひとつひとつが持つ美しい音・リズムを、みなさんも体で味わってみませんか。テキストは童話や時代物など、親しみやすいものをご用意しています。最近あまり大きな口を開けて話していないな……、もっと誰かにことばを伝えてみたいな……など、初心者の方もぜひご参加ください。講座が終了したあとは、「くにたち市民文化祭」開催期間中(11月から12月)に発表会を予定しています。

テキスト 『一房の葡萄』 有島武郎
             『神無月』 宮部みゆき
              (注)テキストは印刷したものをこちらでご用意します。

日時

7月6日・13日・20日・27日、9月7日・14日・21日・28日、10月5日・12日(全10回)
 いずれも金曜日、 午後2時から午後4時

場所 公民館 地下ホール
定員 20名(申込先着順、初めて参加される方優先、原則全10回参加できる方)
申し込み 6月12日(火曜日)午前9時から
公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。