冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!

更新日:平成29年2月1日

家庭内の浴槽での溺死者数は11年間で約7割増加し、平成27年には4,804人となっています。そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。

溺死を含む入浴中の事故死は、冬季に多く発生している傾向がみられます。入浴中の事故にはご注意ください。

 

  1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  2. 湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
  3. 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  4. アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
  5. 精神安定剤、睡眠薬などの服用後入浴は危険ですので注意しましょう。
  6. 入浴する前に同居者に一声掛け、同居者は、いつもより入浴時間が長いときには入浴者に声掛けをしましょう。

 

 

詳細につきましては、下記消費者庁News Releaseをご参照ください。

消費者庁News Release(PDF:193.3KB)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 まちの振興課 コミュニティ・市民連携係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(21番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:176、191、193)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。