町名地番整理について

更新日:平成29年8月25日

町名地番整理の経過

国立市の町名地番整理は、昭和40年の富士見台地区を皮切りに、その後、北地区、東地区、中地区、西地区と順次実施し、平成6年度で南武線から北側の地域についての整理は完了しました。

現在、南武線から南側の地域については、土地区画整理事業の実施に合わせて周辺地区から順次整理を実施しています。

なお、町名新設及び地番の変更方につきましては、平成2年3月31日付の国立市町名整理審議会からの答申にもとづき平成2年4月1日に策定しました「国立市(谷保・青柳・石田)町界町名整理に関する基本方針」により実施しています。

また、上記基本方針で「谷保」となっている地域の一部に「米池」という新町名を示していましたが、関係住民等から「馴染みがない」などのご意見とともに、由緒ある「谷保」という地名を残してほしいという要望もあり、「米池」としていた地域を「谷保」とした内容で基本方針を平成26年4月1日に改正いたしました。

 

町名整理の沿革と今後の予定

町名地番整理事業計画図(PDF:642.2KB)

町名地番整理事業計画図

国立市(谷保、青柳、石田)町名整理(答申)(PDF:506.3KB)

国立市町界町名整理に関する基本方針(平成26年4月1日改正)(PDF:132.2KB)

町割図(平成26年4月1日改正)(PDF:104.3KB)

地番の付設方法に関する基本方針 実施細目(PDF:75.3KB)

町名地番整理の進め方

 現在、国立市(谷保、青柳、石田)の町名地番整理事業が未実施となっている地区につきましては、基本方針を踏まえ、次のような考え方を基本に進めます。

  1. 土地区画整理事業を含む周辺地域
  2. 既に土地区画整理事業が完了した区域を含む周辺の地域
  3. 町区域の一部で町名地番整理が完了している地域
  4. その他の地域

町名地番変更を予定している地域(PDF:3.8KB)

国立市では、住居表示法に基づく「住居表示制度」は導入しておりませんので、建物の所在地番が居住者の「住所」となります。

住居表示制度とは・・・・・・各地域の市街地の形態に応じて、建物や工作物を番号(住居番号)で表したもので、一般的には○○番○○号と表示します。また、この住居番号は建物の所在地番とは異なります。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 南部地域まちづくり課 計画整備係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(51番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:371、372)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。