旧国立駅舎再築工事の様子

更新日:令和元年5月13日

旧国立駅舎再築工事の様子を適宜ご紹介します。

令和元(2019)年5月撮影 屋根瓦

屋根に瓦を取り付けている様子

令和元(2019)年5月撮影 屋根瓦

 

平成31(2019)年4月撮影 ドーマー窓

(注)ドーマー窓とは屋根に設ける窓のことで、ヨーロッパ建築によくみられます。昭和40年代に撤去されていましたが、今回の工事で元のデザインに戻します。

平成31(2019)年4月撮影 ドーマー窓

平成31(2019)年2月撮影 外観(東側から)

平成31(2019)年2月撮影 古レール柱

(注)ひさしを支える柱(南側)には、古いレールが再利用されています。

平成31(2019)年2月撮影 ダンパー

平成30(2018)年12月撮影 外観

平成30(2018)年12月撮影 外観(東側から)

平成30(2018)年12月撮影 キングポストトラス(北側から)

(注)明治期から大正期にかけての典型的な構造技法の一つ。トラス構造とは、三角形による骨組みの構造のことです。

平成30(2018)年12月撮影 キングポストトラス(西側から)

平成30(2018)年12月撮影 根継ぎ

(注)根継ぎとは、柱などの腐った部分を取り除き、新しい材料で継ぎ足すことです。上側の色の濃い木材が、再利用する当初の部材です。

平成30(2018)年12月撮影 三角屋根を形作る骨組みをクレーンで上げる前の状態

平成30(2018)年12月撮影 外観

在りし日の旧国立駅舎(比較用)

昭和39(1964)年頃

平成15(2003)年頃

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 国立駅周辺整備課 国立駅周辺整備担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(54番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:382、383)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム