国立市内の空き家の調査を実施します

更新日:平成28年12月16日

平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。これに基づきまして、市内全域の一戸建て又は2階建て以下の集合住宅を対象として、空き家の実態調査を実施します。この調査は、空き家の利活用の検討・推進を目的に行うものです。また、不適切な管理よる空き家の倒壊の危険性の有無及び管理状況の状態を把握するために行います。

市内全域を市から委託を受けた調査員が徒歩または自転車で調査します。調査員は、市が発行する身分証明書を携帯し、腕章を着用しています。

ご理解のほどよろしくお願いします。

 

委託件名

国立市空き家実態調査業務委託

調査委託業者

株式会社ヤチホ多摩営業所

対象

市内全域の一戸建て又は2階建て以下の集合住宅

現地調査

建物の外観目視調査

アンケート調査

空き家の所有者を対象に、管理状況や今後の利活用に向けた意向を把握するため、郵送によるアンケートを実施します。

調査予定期間

平成28年11月下旬から平成29年3月上旬

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 まちの振興課 コミュニティ・市民連携係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(21番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:176、191、193)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム