飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助制度について

更新日:平成29年4月12日

飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助制度について

(写真)国立市飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助金

国立市では、飼い主のいない猫(野良猫)の繁殖を抑制し、動物愛護と適正管理に関する意識を啓発するとともに、猫による被害等を軽減し、人と猫との調和のとれた共生社会の実現と市民の快適な生活環境を保持することを目的に補助制度を実施しています。

対象者

市内に生息する飼い主のいない猫を獣医師による不妊または去勢手術後にその費用を支払った、市内に在住または在勤する個人、および市内で活動する団体

対象手術

動物病院で不妊又は去勢手術を実施し、その手術費用を支払った場合

対象猫

市内に生息する飼い主のいない猫(野良猫)(飼い猫は対象外)
他人の飼い猫を勝手に捕獲しないよう十分注意してください。

補助額

  • 不妊手術(めす)1匹5,000円
  • 去勢手術(おす)1匹5,000円

(手術費用が補助額を下回る場合は、支払った額)

交付申請・請求方法

手術実施後次の書類を1匹ごとに作成し、市役所に持参してください。申請書・請求書は市役所窓口にて配布します。(下記よりダウンロードもできます。)なお、印鑑は朱肉を使うものとし、修正液や修正テープによる訂正は不可です。 

交付申請・請求方法
写しの提出 飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助金交付申請書・請求書
(必要事項を記入し、動物病院に「3獣医師の確認」欄の記入・押印を依頼してください。また第3号様式請求書の日付及び請求書欄は記入しないでください。)
写しの提出 動物病院等が不妊去勢手術の費用について発行した領収書の写し
写しの提出 通帳等補助金の振込先口座を確認できるものの写し
写しの提出 同一申請者による申請が毎月2匹を超える場合は、理由書
提示 本人であることが確認できる書類(運転免許証、個人番号カード、健康保険証、社員証など)(確認後返却します) 

原則、申請は申請者本人によるものとします。

申請受付期間

平成29年4月4日(火曜日)から平成30年3月30日(金曜日)まで(手術を実施した年度内に要提出)
ただし、平成29年4月1日以降に手術した猫を対象とします
申請期間は手術を実施した翌月末日まで(閉庁日の場合は前日)
交付決定は先着順。期間内であっても予算(50万円)に達した時点で受付終了。

交付の決定

交付を決定したときは、補助金交付決定通知書により通知し、請求書に記載された口座に助成金を振り込みます。

遵守事項

  • 不妊去勢手術後の猫のうち譲渡可能な猫については終生屋内飼養をする者への譲渡に努めること。
  • 不妊去勢手術後の猫を手術前の生息場所に戻す場合は、トイレの設置、餌の適正な管理など、周辺環境の美化を図るとともに近隣住民の理解を得るよう努めること。
  • 耳カットなど猫に不妊去勢手術済みであることが分かる識別措置を講ずること。

国立市飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助金交付要綱制度について(手引き)(PDF:127KB)

申請書・請求書(PDF:147.1KB)

申請書・請求書記入例(PDF:244.8KB)

国立市飼い主のいない猫の不妊去勢手術補助金交付要綱(PDF:208.1KB)

猫のゆりかご

市と協働で地域猫活動に取り組んでいるボランティア団体です。

猫のゆりかごでは飼い主のいない猫の不妊去勢手術のための捕獲器の貸し出しをしています。
捕獲器の貸し出しについては猫のゆりかご、または市役所環境政策課までご連絡ください。

 猫のゆりかごは国立市及び、その周辺地域において「人と猫が共生できる街づくり」のために、地域住民、行政、ボランティアの三者協働で地域猫活動をおこなっています。猫によるトラブルなどの問題解決のために活動しています。
 地域猫問題についてのセミナー実施や飼い主のいない猫への不妊去勢手術の普及、猫(主に野良猫)の糞尿被害への対策など、野良猫の問題について、市と一緒に取り組んでいます。

 野良猫が増え,糞尿にお困りの方は、下記内部リンク先(猫の糞尿でお困りの方へ)を参照、または市役所環境政策課までご相談ください。

猫の糞尿でお困りの方へ

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 環境政策課 環境政策係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(16番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:135、136)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。