フロン排出抑制法について

更新日:平成30年10月25日

フロン類の確実な回収や処理を目的としている「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(略称 フロン回収・破壊法)」が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(略称 フロン排出抑制法)」と名称を改め、平成27年4月1日から施行されました。

フロン類とは

フロン類は、地球温暖化への単位当たりの影響(地球温暖化係数)が二酸化炭素の数百倍から一万倍超という強力な温室効果ガスです。このため、オゾン層の保護だけでなく、地球温暖化を防ぐために、フロンを使用しない製品の利用やフロンを廃棄する際に適切に処理するなど、フロンの空気中への排出抑制・削減に取り組む必要があります。
フロンは、フルオロカーボンの総称で、CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)などの種類があります。
燃えにくく、化学的に安定であるなどの利点から、エアコンや冷蔵庫などの冷媒、半導体や精密部品の洗浄剤など、幅広い用途に活用されてきました。しかし、地球温暖化の原因となるため、HFCは「京都議定書」による排出抑制物質とされており、CFCとHCFCはオゾン層破壊物質でもあることから「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」による生産規制がされています。

法律改正の背景

オゾン層破壊効果を持つフロン類(CFC等)が着実に削減されている一方、高い温室効果を持つフロン類等(HFC等)の排出量が急増しており、10年後には現在の2倍以上になる見通しです。
フロン回収・破壊法によるフロン廃棄時の回収率が約3割で推移していることに加えて、機器使用時の漏えいも判明しています。また、国際的にも規制強化の動きが見られています。

こうした背景から今回の改正が行われました。

法改正の対象者

フロン類を使用した機器の管理者のうち、第一種特定製品の管理者にあたる者

第一種特定製品とは

業務用の機器で冷媒としてフロン類が充てんされている機器(業務用空調機器・業務用冷蔵冷凍機器)のこと

業務用空調機器(エアコン)

  • パッケージエアコン
  • 空調用チラー
  • ガスヒートポンプエアコン など

業務用冷蔵機器及び冷凍機器

  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • 冷水器
  • 冷蔵、冷凍ショーケース など

定期点検

第一種特定製品の管理者は、管理している機器の規模によって、以下のとおり点検を行うことが義務付けられました。

<簡易点検>
対象:全ての第一種特定製品
頻度:3カ月に1回以上

<定期点検(有資格者による)>
対象:一定規模以上の第一種特定製品
頻度:機器の規模によって異なります。以下の表をご参照ください。

(注)一定規模以上の機器は定期点検だけではなく、3カ月に1回以上の簡易点検についても実施する必要があります。

定期点検

第一種特定製品の区分  定期点検の対象機器の規模 定期点検の頻度
エアコンディショナー 50kw以上の機器  1年に1回以上
 7.5kw以上50kw未満の機器  3年に1回以上
冷蔵機器及び冷凍機器 7.5kw以上の機器  1年に1回以上

点検の記録と保存

点検を実施した際には、点検の記録簿を作成する必要があります。

<記録事項>
・管理者、点検実施者、修理実施者、第一種フロン類充填回収業者の名称、氏名
・機器の設置場所
・フロン類の初期充填量 など

<記録の保存期間>
当該機器を廃棄するときまで

フロン類の漏えいが確認されたら

管理者は、フロン類が漏えいしていることを確認した場合、可能な限り速やかに漏えい個所を特定し、機器の修繕を行います。
なお、フロン類の充填や回収は、「第一種フロン類充填回収業者」が行うこととされています。

<漏えい量報告>
管理者は、漏えいしてしまったフロン類の量を、二酸化炭素を基準にした地球温暖化係数(GWP)で乗じ、漏えい量を計算します。この計算により、1,000トン以上の漏えい(事業者としての合計数値)が認められた場合、国に報告することが義務付けられています。

詳細については以下の関連リンクをご参照ください。
 

罰則

• フロン類をみだりに放出した場合、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金
• 機器の使用・廃棄等に関する義務について、都道府県知事の命令に違反した場合、50万円以下の罰金
• 算定漏えい量の未報告・虚偽報告の場合、10万円以下の過料

フロン排出抑制法以外のフロンに関する規制

業務用冷凍庫、冷蔵庫、空調機器以外の特定のフロン使用機器を廃棄する時は、フロン排出抑制法以外の法律に従って処理する必要があります。機器の種類により、規制される法律が異なりますので、各法律を確認してください。

環境省家電リサイクル関連

環境省自動車リサイクル関連

関連リンク

環境省オゾン層保護・フロン類対策

東京都環境局フロン対策

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 環境政策課 環境政策係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(16番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:135、136)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム