国立市 KUNITACHI CITY 文教都市くにたち

新型コロナウイルスに関する情報について

新型コロナウイルス感染症については、東京都から最新の情報が届き次第、随時更新していきます
【2月17日時点の情報です】

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性のかぜの一種です。発熱やのどの痛み,咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは咳、くしゃみ、つばなどのしぶきによる飛沫感染と、ウイルスが付着したことで感染する接触感染によりうつると言われています。

日常生活で気を付けること

対策のポイントは、インフルエンザの場合と同様です


発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。
発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し、記録をつけておきましょう。
流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。あわせて手指消毒剤も活用しましよう。
特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前に手洗いを徹底しましょう。
咳をする場合には、口や鼻をティッシュで覆うなどの咳エチケットを守りましょう。
周りの人たちへの感染を予防するため、マスク(不織布を使用した使い捨てタイプのマスク)を着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。

帰国者・接触者電話相談センターにご相談いただく目安

次の1.、2.のいずれかにあてはまる方は帰国者・接触者電話相談センターにご相談ください。


.かぜの症状や37.5度以上の発熱が(注)4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない場合も含みます)。
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。


(注)高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患)のある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は重症化しやすいため、上記1.2.の状態が2日程度続く場合には同センターに相談ください。

帰国者・接触者電話相談センター

・平日(月曜日から金曜日)の午前9時から午後5時

電話 042-524-5171 東京都多摩立川保健所

・平日の午後5時から翌日午前9時、土曜日・日曜日・休日は24時間体制

電話 03-5320-4592 合同電話相談センター

留意事項
(妊婦の方へ)念のため、重症化しやすい方と同様に早めに帰国者・接触者電話相談センターにご連絡ください。
(お子様をお持ちの方へ)小児については、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。
一般的なお問い合わせなどはこちらへ

帰国者・接触者ではない方や一般的な相談(接触者感染の予防、心配な症状が出たときの対応など、新型コロナウイルスに関することなど)は、最寄りの保健所もしくは電話相談窓口(コールセンター)で受け付けています。

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

聴覚に障害のある方をはじめ電話でのご相談が難しい方

ファクス 03-3595-2756

受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日も受付)
東京都新型コロナウイルス関連肺炎に関する電話相談窓口(コールセンター)

電話番号 03-5320-4509

受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日も受付)
外国人旅行者向けコールセンター

(一般観光案内の他、新型コロナウイルスも含めた病気、事故等の対応について案内しています。英語、中国語、韓国語、日本語での対応が可能です。)

電話番号 050-3816-2787

受付時間 365日、24時間

お問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 保健センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-16-5 保健センター1階
施設のページ
電話:042-572-6111
お問い合わせフォーム
トップページへ戻る


国立市役所
東京都国立市富士見台2-47-1
042-576-2111(代表)
受付時間 平日午前8時30分から午後5時まで
kunitachi@city.kunitachi.tokyo.jp
携帯電話からメールを送信される場合は、電話番号の記載もお願いします。