国立市 KUNITACHI CITY 文教都市くにたち

新型コロナウイルスに関する情報について

新型コロナウイルスに関する情報について
新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み,咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは咳、くしゃみ、つばなどのしぶきによる飛沫感染と、ウイルスが付着したことで感染する接触感染によりうつると言われています。

日常生活で気を付けること

対策のポイントは、インフルエンザの場合と同様です


発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。
発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し、記録をつけておきましょう。
流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。あわせて手指消毒剤も活用しましよう。
特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前に手洗いを徹底しましょう。
咳をする場合には、口や鼻をティッシュで覆うなどの咳エチケットを守りましょう。
周りの人たちへの感染を予防するため、マスク(不織布を使用した使い捨てタイプのマスク)を着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。


3つの「密」を避けましょう

以下の3つの条件を避けるよう行動しましょう。


換気の悪い密閉空間
多数が集まる密集場所
間近で会話や発声をする密接場面


市民向け感染予防ハンドブック
市民の皆様に取り組んでいただきたい予防策と基礎知識をまとめた「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」が、東北医科薬科大学病院により作成され、公表されています。

予防策や具体的な症状、感染経路などがとてもわかりやすくまとめられていますので、このハンドブックを活用して、引き続き感染症の予防に努めていただくようお願いします。


健康づくり事業連携事業者である国立市薬剤師会様より印刷・製本された「新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック[第1.1版]」を寄贈いただきました。
以下の点については、第2.2版では変わっていますので、お手数ですが読み替えてください。

【変更点】消毒について、日本環境感染学会のガイドラインに準拠し、環境消毒のための次亜塩素酸ナトリウム希釈液濃度を0.02%から0.05%に変更

ハンドブックは、下記の場所にて配布していますので、ぜひ、ご活用ください。


保健センター
地域包括支援センター及び地域窓口
子ども家庭支援センター
北市民プラザ
南市民プラザ
国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ


なお、東北医科薬科大学病院ホームページには、下記の注意事項が記載されていますので、活用いただく際は順守してください。


印刷・配布などにより活用していただいて問題ありません。ご利用の際は出典名を明記してください。
ハンドブックの内容を改変、追記、一部引用、翻訳、商用利用(課金目的での動画含む)などは禁止とさせていただきます。
ハンドブックに関しまして、電話・メールなどによるお問い合わせには対応できません。


お問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 保健センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-16-5 保健センター1階
施設のページ
電話:042-572-6111
お問い合わせフォーム
トップページへ戻る


国立市役所
東京都国立市富士見台2-47-1
042-576-2111(代表)
受付時間 平日午前8時30分から午後5時まで
kunitachi@city.kunitachi.tokyo.jp
携帯電話からメールを送信される場合は、電話番号の記載もお願いします。