くにっこバスの運賃はなぜ路線バスの初乗り運賃と同じなのですか?

更新日:平成29年6月1日

くにっこバスの運賃はなぜ路線バスの初乗り運賃と同じなのですか?

 くにっこバスの運賃が路線バスの初乗り運賃と同じ額に設定されている理由ですが、くにっこバスのルートが、市内の道路事情などにより路線バスと重なっている区間が多いため、運行開始時の関係機関との協議の結果、当時の路線バスの初乗り運賃に合わせる形となっております。

平成14年度のくにっこバス運行開始当初に170円(当時の路線バスの初乗り運賃)に設定したため、(1)シルバーパスが利用でき高齢者の外出支援に役立っていること(シルバーパス利用率が利用者の約50%)、(2)小人運賃の設定(90円)があるのもメリットになっていると考えております。


 なお、国立市の周辺自治体(府中市、国分寺市)のコミュニティバスの運賃は 100円ですがシルバーパスは利用できず小人運賃の設定もありません。また、立川市のコミュニティバスは、平成26年9月の路線再編に合わせ100円から180円に変更になりました。


このほか、 調布市、三鷹市のコミュニティバスは210円均一、狛江市は200円均一、東大和市、東村山市、稲城市、町田市は180円均一、武蔵村山市は170円均一、小平市、清瀬市、西東京市は150円均一となっています。多摩市/日野市(一部100円)は170円から450円の対距離制、八王子市は100円、170円、200円の対距離制となっております (いずれも大人一回乗車の現金運賃)。


(参考)シルバーパスとは満 70歳以上の都民で希望される方に、都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)と都内の民営バスに乗車できる「乗車パス」で、70歳以上の都民の皆様の積極的な社会参加を支援するために、東京都の支援のもと、一般社団法人東京バス協会がパスの発行などを実施している事業です。詳細につきましては以下のリンクを参照下さい。

関連リンク

シルバーパスの発行について(東京都福祉保健局) (外部リンク)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 道路交通課 交通係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(49番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:355、356)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム