くにたちの観光スポット

更新日:平成29年9月11日

東京都のちょうど中央(へそ)にある国立市には、季節ごとの自然を楽しみながら歩けるスポットやイベントが数多くあります。

市内には個性的なお店やギャラリーなども散在しており、春には「くにたちさくらフェスティバル」、夏は「くにたち朝顔市」、秋は「くにたち秋の市民まつり」「天下市」「一橋祭」、谷保天満宮の「例大祭」、「くにたち農業まつり」、冬は「大学通りイルミネーション」など、季節の折々に行われるイベントが満載! 四季を通じていろいろな表情を魅せる国立市に、ぜひ足をお運びください。

くにたち大学通り
【大学通り】
JR国立駅から南に幅員43.6メートル、延長1.3キロメートル、江戸街道までには幅9.09メートルの緑地帯が東西の歩道と車道の間にあります。
春になると、通りの両側を約170本の桜が彩ります。ほかにも銀杏やケヤキ、松など四季を彩り、新東京百景にも選ばれています。
さくら通り
【さくら通り】
JR国立駅から南に延びる大学通りの先にある東西に延びる通りで、名前のとおり、通りの両側には桜の木が植えられています。桜の時期には、「大学通り」から「さくら通り」へのお散歩コースがおすすめです!
谷保天満宮
【谷保(やぼ)天満宮】
国立市谷保5209
関東三大天満宮のひとつ。学問の神様で有名な菅原道真公が祀られているほか、交通安全発祥の地でもあります。
菅原道真公ゆかりの花である梅の花をあしらった華やかな柄の御朱引張は、御朱印ガールの火付け役となっています。
くにたち郷土文化館
【くにたち郷土文化館】
国立市谷保6231
国立市の歴史や、民俗・美術・自然について学べる博物館。地下に展示されている「顔面把手付土器」は、約5,000年から4,000年前の縄文時代中期のもので、市の有形文化財に指定されています。

くにたち城山さとのいえ
【城山(じょうやま)公園・城山(じょうやま)さとのいえ】
国立市泉5-21-20(国立市古民家隣り)
野鳥も見られる「城山公園」の中には、「国立市城山さとのいえ」と「国立市古民家」があります。オープンコテージ風の「城山さとのいえ」では、年間を通じて市内農園での収穫体験などを開催しています。

国立市古民家
【国立市古民家】
国立市泉5-21-20
市内に唯一残る茅葺屋根。囲炉裏(いろり)や蚕棚(かいこだな)があり、昔の農家の暮らしを今に伝えています。無料で見学できます。
(休館日:第2、第4木曜日、年末年始)
滝乃川学園
【滝乃川(たきのがわ)学園】
国立市谷保6312
わが国最初の知的しょうがい者・しょうがい児施設。滝乃川学園本館(石井亮一・筆子記念館)は、1928年(昭和3年)に竣工された現存する国内最古のしょうがい児教育施設です。国登録有形文化財に指定。館内に大切に所蔵されている「天使のピアノ」は、創立者の妻、筆子が愛用した日本に現存する最古のアップライトピアノです。
ママ下湧水
【ママ下湧水】
国立市泉3-2
多摩地域では、段丘崖・崖線(がいせん)のことを地方名で「ハケ」や「ママ」と呼びます。市内でも特に貴重な自然環境、自然景観を有する場所です。東京の名湧水57選に選ばれたママ下湧水群と青柳崖線樹林(ハケ)の保全を兼ね、現在、その一部について市の公園として整備する計画を進めているところです。
一橋大学兼松講堂の外観の写真
【兼松講堂(一橋大学)】
国立市中2-1 国立西キャンパス内
明治から昭和にかけて活躍した建築家、伊東忠太(ちゅうた)の設計により、1927年(昭和2年)8月に創建されたロマネスク様式の建物。「怪物の棲む講堂」というユニークな愛称が付いており、建物内には約120体の怪物のモチーフが潜んでいます。平成12年には国登録有形文化財に指定されています。
たまらん坂
【たまらん坂】多喜窪通り
JR国立駅から旭通りを通り、国分寺に通じる街道途中にある境界の坂。東京商科大学(現 一橋大学)の学生が、あまりの急坂に対して「タマラン」と口走ったことが坂の名前の由来とされているようです。
常盤の清水
【常盤(ときわ)の清水(谷保天満宮)国立市谷保5209
谷保天満宮にある「常盤の清水」は、東京の名湧水57選にも選ばれている湧水です。延宝年間(1673年から1680年)に筑紫の僧が谷保天満宮にも詣でた折、この泉を見て「とことはに湧ける泉のいやさやに、神の宮居の瑞垣(みずがき)となせり」と詠みました。これが名の起こりだと伝えられており、昔は人々の井戸として利用されていました。

(注)文化財は、通常一般化していない場所もあります。ご注意ください。


市内のイベント情報はこちら
国立市イベント一覧

 

市内を散策する際にはぜひ、ご利用ください。名所を巡るコースもありますので、ウォーキングに最適です!
みんなでくにたちを歩こう! 健康ウォーキングマップ

 

 


関連情報

 

市内の観光情報はこちら
くにたちNAVI (国立市観光まちづくり協会 外部リンク)

市内のロケ情報はこちら
国立市フィルムコミッション (国立市観光まちづくり協会 外部リンク)

市内の農家さんから、ほうれん草や小松菜、トマトになすなど旬の新鮮「くにたち野菜」を市内各所で買うことができます。
農産物の直売マップ (くにたちあぐりっぽ 外部リンク)


国立おみやげにおすすめです。
くにたちStyle (国立市商工会 外部リンク)

 

 

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 まちの振興課 商工観光係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所1階(21番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:347、348)
ファクス:042-571-1525
お問い合わせフォーム