農地転用について

更新日:平成29年9月27日

現在畑や田として使用している農地を住宅や資材置場及び駐車場などの農地以外の用途に変更する場合は、農業委員会への届出が必要です。
市街化区域内で農地を転用する場合には、農業委員会にあらかじめ届出を行なう必要があります。この届出を行なわないで、無断で農地を転用した場合や転用届出に係る事業計画どおりに転用していない場合等には、農地法に違反することとなり、工事の中止や原状回復等の命令がなされる場合があります。
なお、市街化区域内における農地転用には次の2種類の届出があります。

農地法第4条の規定による届出

農地所有者が、自分で農地以外に転用する場合

農地法第4条転用届出様式(PDF:85.6KB)

農地法第4条転用届出様式記載例(PDF:140.9KB)

農地法第5条の規定による届出

農地所有者から農地を買い受けて、または借り受けて農地以外に転用する場合

農地法第5条転用届出書様式(PDF:97KB)

農地法第5条転用届出様式記載例(PDF:163.8KB)

農地転用届出・証明に必要な添付書類

農地転用届出及び証明に必要な添付書類(PDF:112.1KB)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 南部地域まちづくり課 農業振興係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(52番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:345、346)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。