平成29年度フォトアンドニュース

更新日:平成29年5月24日

平成28年度フォトアンドニュース(平成28年12月27日以降)

「環境浄化協議会総会」に出席しました(平成29年(2017年)5月20日)

開会のあいさつを述べる永見理夫市長。

開会のあいさつを述べる永見市長。

くにたちのまちづくりについて講演を行う竹内光博副市長。

くにたちのまちづくりについて講演を行う竹内副市長。

5月20日に国立市役所で「環境浄化協議会総会」が開催されました。
第一部の総会には永見理夫市長が、第二部の講演には竹内光博副市長が出席しました。環境浄化協議会は、昭和27年に文教地区指定を受けた当時の国立町(くにたちまち)の環境を保全していくという目的で、昭和35年に発足した市民団体です。現在は、環境保全活動だけでなく、子どもの貧困や社会的孤立など市の抱えるさまざまな課題の解決や、地域の活性化などといった幅広い活動を行っています。
第一部の開会のあいさつで、永見理夫市長は、「人口や経済が右肩上がりに成長してきた高度経済成長の時代が終わり、これからは少子高齢化が進行していきます。そのような時代を迎えても、国立市が国立市らしくあり続けるために、どのようにくにたちのまちづくりを進めていけばよいのか、環境浄化協議会の皆さまと共に考えていきたいと思います」と述べました。
また、第二部では、竹内副市長が、「よりよい環境づくりをめざして」というタイトルで、まちづくりの専門家として自身の経験をまじえながら、今後のくにたちのまちづくりに対する展望について講演を行いました。講演のなかで、竹内副市長は、「環境に対する適応能力は人によってさまざまです。すべての人のすべての要望を満たして施設や空間などを設計することは非常に困難ですが、ユニバーサル・デザインの思想を参照しつつ、設計者や利用者が互いにそれぞれの意見を尊重し、理解し合いながら、よりよいものをめざして考え続けることが重要です」と述べました。


 

民生委員・児童委員協議会のパネル展示式に参加しました(平成29年(2017年)5月16日)

民生委員_パネル展

民生委員・児童委員の方々の活動を紹介するパネル展示。

民生委員_あいさつ

パネル展示式であいさつを述べる永見市長。

民生委員_集合写真

 

 

 

 

 

 

民生委員・児童委員の方々と一緒に記念撮影をする永見市長(1列目左から5番目)。

5月12日は、「民生委員・児童委員の日」です。今年は、民生委員・児童委員の制度が創設されて100周年を迎えました。委員の方々は、地域のアンテナ役として、また、市民と行政を結ぶ“かけ橋”として、市民の皆さまのお悩みやご相談をお受けしています。

5月は民生委員・児童委員の活動強化月間にあたるため、5月16日(火曜日)から18日(木曜日)、市役所1階の市民ロビーで日ごろの活動をご紹介するパネル展を開催しています。パネル展を観てまわった永見市長は、「各地区の特徴がわかりやすく紹介されており、大変すばらしい展示です。この展示をとおして、市民の皆さまが、委員の方々の活動や各地区のことを知っていただき、よりいっそう、くにたちのまちが暮らしやすく、心地よくなってほしいと思います」と述べました。

市役所にお立ち寄りの際は、ぜひ、ご覧ください。また、日ごろお悩みごとや困ったことがあれば、地域の民生委員・児童委員の方にお気軽にご相談ください。各地域の委員の活動や名簿については、『市報くにたち』5月5日号でご紹介しています。

「市制施行50周年記念合唱団結団式」に出席しました (平成29年(2017年)5月13日)

結団式であいさつをする永見市長

この日の結団式に集った合唱団員の前であいさつをする永見市長。

市内の国立音楽大学付属中学校・高等学校で、「市制施行50周年記念合唱団結団式」を執り行いました。
国立市は、今年で市制施行50周年を迎え、その記念事業として制作した「(仮称)くにたち平和組曲」を11月3日(金曜日・祝日)に開催する周年式典で歌っていただく合唱団員を公募したところ、64名の方々に決定しました。
そして、この日は合唱団員の皆さまにお越しいただき、これから共に練習に励んでいただく仲間としての初顔合わせとなりました。
式のなかで永見理夫市長は、「わたくしは、日常を大切にしなければ、平和はないと思っています。国立市の“人を大切にする”という政策の理念をこの組曲に託して、市制施行50周年の成果としたい。また、合唱団の皆さまに式典で歌っていただき、多くの方々に『いい曲だ』『いいまちだ』と思ってもらい、これからの50年も歌い継がれてほしいと思います」と述べました。

 

市制施行50周年事業「国立市・ヤクルト健康フォーラム」に参加しました (平成29年(2017年)5月13日)

会場となったくにたち芸術小ホール

会場となったくにたち芸術小ホール(国立市富士見台2-48-1)。

冒頭であいさつをする永見市長

会の冒頭であいさつを述べる永見市長。

国立市は、今年の1月1日で市制施行50周年を迎えました。同じく創立50周年を迎え、市内には研究所も構える株式会社ヤクルトとは、「高齢者の見守り」に関する協定や「おなか健康プロジェクト」といったさまざま事業を、協同で行ってきました。
今回のフォーラムは、ヤクルトの製品にも含まれている「乳酸菌」が、わたしたちの健康にいかに有益なものかを知っていただくためのものです。
冒頭のあいさつで永見理夫市長は、雨のなか、この日のために足を運んでくださった会場の皆さまに感謝の意を伝えました。そして、「ヤクルトさんと国立市とは、今までさまざまな事業を行ってきましたが、ここでやっと市民の皆さまの健康について一緒に考えるフォーラムを開催することができ、大変感謝しています。国立市は、これからも市民の皆さまの健康に力を入れていきます」と述べました。

「災害時における緊急輸送業務に関する協定」の締結式を執り行いました(平成29年(2017年)5月10日)

締結式(H29年5月10日)

写真左から、多摩交通有限会社の清水光司業務部長、永見理夫市長、銀星交通有限会社の原田弘司専務、原田総務課長。

 

国立市は、平成29年5月1日、市内タクシー事業者である「多摩交通有限会社」「銀星交通有限会社」と「災害時における緊急輸送業務に関する協定」を締結しました。この協定は、地震等の災害が発生した際、傷病者の緊急輸送対応や市内交通状況等の迅速な把握に向けて、関係者間で相互に協力して対応することを目的としています。

5月10日、国立市役所で執り行われた締結式のなかで、永見理夫市長は、「協定の締結を契機に、非常時における市民の皆さまの安心・安全の確保に向けて、市内事業者の方々から協力いただける体制の構築が進んだことを心から感謝申し上げます。今後は、非常事態を想定したシミュレーションや合同訓練の実施などを行うことで、よりいっそう、有事の際の対応力強化に努めます」と述べました。

これからも、いざというときに備えて、他の事業者との協定締結などの取組を積極的に進めていきます。

「第27回ファミリーフェスティバル」に参加しました(平成29年(2017年)5月5日)

H29年5月5日ファミリーフェスティバル1

開始式であいさつをする永見市長。

H29年5月5日ファミリーフェスティバル2

イベント関係者の皆さまと記念撮影を行いました。

 

5月5日(金曜日・祝日)に「こどもの日」にちなんだ毎年恒例のイベント、「第27回ファミリーフェスティバル」が、くにたち市民総合体育館(国立市富士見台2-48-1)ほか周辺4ヵ所で開催されました。

目が覚めるような真っ青で気持ちのよい青空のもと、開始式のあいさつで永見理夫市長は、「毎年、ファミリーフェスティバルに参加される方々で会場がにぎわう様子が楽しみです。」と述べました。

開始式が終わるや否や、早々と多くの方がイベントに参加され、会場は大変な盛り上がりをみせていました。参加された皆さま、ありがとうございました。そして、イベントの企画実行に携わった皆さま、お疲れさまでした。

永見理夫市長がテレビ番組で「やほレンジャー」とコラボしました(平成29年(2017年)5月1日)

市長と谷保レンジャー

やほレンジャー(左3人)と一緒にポーズを決める永見市長(右から5番目)。

初夏のさわやかな風が吹くなか、永見理夫市長はテレビ番組のロケのため、JR国立駅南側の大学通りから富士見台第一団地の商店会「むっさ21」までを散策しました。
途中、大学通りに置かれた「くにたちアートビエンナーレ」の作品について説明をしたり、「くにたち未来寄附」により設置されたベンチで休んだりと、新緑のなか、ゆったりと散歩を楽しみました。
ロケの終盤には、市と市民、そして一橋大学の学生たちが協働で運営する、くにたち野菜などを扱うショップ「とれたの」を訪れ、学生スタッフたちとおしゃべりが弾みました。
そこへ、富士見台の商店街を守る、赤色、青色、黄色のコスチュームに身を包んだヒーロー「やほレンジャー」が登場し、ロケににぎやかな花を添えました。
最後に、「やほレンジャー」の決めポーズを永見市長もまねて記念撮影を行うなど、おそよ2時間のまち歩きロケは楽しく終了しました。
ご出演いただいた市民の皆さま、「谷保レンジャー」の方々、ありがとうございました。


 

「テロ等から市民を守る取り組みに関する覚書」締結式を執り行いました(平成29年(2017年)4月21日)

「テロ等から市民を守取組に関する覚書」締結式

関係諸団体との覚書を締結した永見市長(左から4番目)。

国立市では、施政施策の根底に「人間を大切にする」というまちづくりの理念をすえ、全市民の人権、平和、環境に配慮した持続可能な地域社会をめざしています。
そのため、テロ等を未然に防ぎ、だれもが安心・安全に暮らすことができるように、警視庁立川警察署、一般社団法人国立市薬剤師会、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会国分寺国立支部、公益社団法人全日本不動産協会東京都本部多摩中央支部、立川警察署管内警備業者連絡協議会の5団体と、「テロ等から市民を守る取り組みに関する覚書」を締結しました。
締結式で永見理夫市長は、「関係団体のご協力を得て、このたび覚書を締結することができましたことに、大変感謝しています。行政として、これから市民の皆さまの命や財産を全力で守っていくことに努めます」とあいさつを述べました。
今後は、市と関係団体とで協力をしながら、テロに関する啓発活動や、不審者、不審物に対する一層の注意を強化していきます。

市への絵画寄贈について感謝状を贈呈しました(平成29年(2017年)4月18日)

絵画作品『大学通り』

那須氏より寄贈いただいた絵画作品『大学通り』(185×219cm)。

感謝状贈呈

永見市長(左)と那須ご夫妻。

 

美術展の「日展」で公開された絵画作品『大学通り』が、市に寄贈されました。寄贈されたのは、武蔵野美術大学で日本画科名誉教授を務められている那須勝哉氏です。

「大学通りの景観や雰囲気に魅力を感じた」という氏は、作品の舞台であるという理由のほか、市が掲げる文化芸術の振興のさらなる発展につながれば、という思いから、このたび、ご自身の作品を市へ寄贈されました。そのため、永見理夫市長より感謝状を贈呈させていただきました。

那須氏が描いた絵画作品『大学通り』は、現在、くにたち市民芸術小ホール(国立市富士見台2-48-1)のロビーに掲出しています。ぜひ、皆さまもご鑑賞ください。

平成29年度辞令交付を執り行いました(2017年(平成29年)4月3日)

副市長辞令交付

辞令交付を受ける竹内副市長。

市長副市長教育長

永見理夫市長(中央)、竹内光博副市長(右)、是松昭一教育長(左)。

桜の花が咲き始めたこの日、3月の市議会本会議において新たに選任された竹内光博副市長が初登庁し、永見理夫市長から辞令交付証書が授与されました。
竹内副市長は、これから4年間の任期を務めます。

新規採用辞令交付

新入職員に訓示を述べる永見市長。

オンブズマン

オンブズマンのお二方に、今後の協力をお願いする永見市長。

この日は、平成29年度新規採用職員の辞令交付もあり、永見市長は29名の新入職員にそれぞれ辞令交付証書を手渡しました。
そして、「皆さんは、今日からわれわれの仲間になります。長い時間一緒に仕事をするので、お互いに助け合ってください。そして、常に全体の視野を持ち、市民の方々の生活や利益を考えながら、国立市の職員として誇りをもって仕事に励んでいただきたい」と激励しました。
続いて、市として初めての開設となる「国立市総合オンブズマン」として従事される弁護士の木下泉氏、成瀬大輔氏に、永見市長がオンブズマンの辞令交付証書を授与しました。
「国立市総合オンブズマン」とは、市政に関する苦情を公正かつ中立な立場で迅速に処理し、市政を監視する役割を持つ第三者的機関です。「一般行政オンブズマン」に加え、「子どもの人権オンブズマン」の機能も合わせ持ちます。
辞令交付後、永見市長は「市民の皆さまの権利を守り、また、市民の皆さまの立場になって、行政を厳しくチェックしていただきたいと思います。そして、国立市が評価されるまちになるように、われわれ行政も努力していきますので、これからよろしくお願いします」と、あいさつをしました。

 

「第40回くにたちさくらフェスティバル」を開催しました (平成29年(2017年)4月1日、4月2日)

開会のセレモニーであいさつを述べる永見理夫市長

開会のセレモニーであいさつを述べる永見理夫市長。

人力車の搭乗体験を楽しむ永見理夫市長(写真右)。

人力車の搭乗体験を楽しむ永見理夫市長(写真右)。

4月1日と2日に、谷保第三公園で「第40回くにたちさくらフェスティバル」を開催しました。
1日は小雨が降り、肌寒い一日となりましたが、多くの方々にお越しいただきました。
開会のセレモニーのあいさつで、永見理夫市長は「このさくらフェスティバルは、昭和42年の市制施行の際に、市民の方々が富士見台地域にさくらを植えられ、それを愛でていこうということで、その10年後の昭和52年から始まったと聞いています。歴年、そして今回の実行委員の皆さまや、消防・警察・商工会をはじめとする関係機関の皆さまには、本当に感謝しています。本日は、市民の皆さまとともに楽しみながら盛り上げていこうと思います」と述べました。
2日は、さくらフェスティバルの開催にあわせて、公園西側に人力車のコーナーが設けられました。永見市長も人力車に乗って、さくら通りのお花見を楽しみました。

 


 

多くの方々にお越しいただき、大変盛り上がりました。

多くの方々にお越しいただき、大変盛り上がりました。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。