緊急事態宣言の発出に伴う市の対応について

更新日:令和2年5月1日

国は、4月7日に東京都を含む7都府県を対象に4月8日(水曜日)から5月6日(水曜日)までの間、「緊急事態宣言(以下、宣言)」を発出しました。また、その宣言が5月31日(日曜日まで)延長となりました。

「わたしは大丈夫」「わたしは感染しない」と過信せず、「外出を控えてください」「外出する場合は3つの「密」(1.密閉空間2.密集空間3.密接場所)を避けてください」、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウト(頭打ち)させ、減少に転じさせることができます。

皆さまの行動が周囲の人の命を救います。

一人ひとりの協力がこの状況を食い止める力となりますので、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

国立市長 永見 理夫

 

これまで国立市では、感染症の拡大防止のため、イベント等の自粛や公共施設等の利用制限などを市民の皆さまのご理解とご協力のもと、対応してまいりましたが、これに伴い、市として市民の皆さまと共にスピード感を持って、一層の努力をすべく下記のとおり対応いたします。

不要不急の外出自粛の要請について

これまで土曜日、日曜日および夜間において不要不急の外出自粛をお願いしておりましたが、宣言を受け、平日においても不要不急の外出を控えるようお願いいたします。ただし、以下につきましては、外出自粛の対象外となります。

外出自粛要請の対象外

  • 医療機関への通院
  • 食料、医薬品、生活必需品の買い出し
  • 職場への出勤
  • 屋外での運動や散歩

市内公共施設について

市内公共施設については、原則として6月30日(火曜日)まで閉館となります。

なお、これまで平日、開館していた公民館、図書館、児童館等については、濃厚接触を避けながら居場所としての空間の提供を行っておりましたが、より一層の感染拡大防止への対応が必要とされることから、宣言を受け、4月9日(木曜日)から平日も閉館といたします。また、有料公園施設の貸し出しも中止といたします。

詳細は下記のページをご覧ください。

市内公共施設の開館状況について(7月6日午前9時時点)

保育園、学童保育所等について

保育園・学童保育所については、市民の日常生活を維持するために就労されている方などのため、原則、開園・開所いたします。
ただし、社会の機能を維持するため、勤務を余儀なくされている方以外の方か、会社が休業中の方など、保育者が自宅にいらっしゃる方については、家庭保育を強く要請しています。

国立市立小中学校について

国立市立小中学校については、全校において5月31日(日曜日)まで臨時休校としております。
児童生徒の学習・生活指導については、各校より課題等を提示するなど、家庭と連携しながら対応してまいります。

問い合わせ

改正特別措置法に定める要請・指示等の措置に対する疑問やご相談について

東京都緊急事態措置相談センター

電話 03-5388-0567

受付時間 午前9時から午後7時まで(土曜日、日曜日、祝日も受付)

コロナウイルス感染症にかかわるご相談について(生活上や経済的なことなども含む)

市役所コールセンター

電話 042- 576-2111(代表)

受付時間 午前9時から午後5時まで(祝日以外)

健康相談全般について

保健センター

電話 042-572-6111

受付時間 午前8時30分から午後5時まで(平日)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。