〈江戸への招待〉『大奥』の世界―大奥女中は、現代のキャリアウーマン―

更新日:平成29年9月5日

講師 山本 博文(東京大学史料編纂所)

  一般的に「大奥」と聞くと“将軍を取り巻く女性たち”というイメージを持つ方も多いと思いますが、実はしっかりと組織化された会社のようなところでした。
  春日局に始まる大奥の成立から天璋院、和宮に続く江戸幕府崩壊まで三百年近くにわたる歴史の中で、女性たちがいかに活躍し、江戸の世を支えてきたか……秋のひとときにタイムスリップして大奥の世界をのぞいてみませんか。現代にも役立つヒントがあるかもしれません。

<山本博文さんの著書>
『江戸学講座』(新潮社)、『大奥の世界』(洋泉社)ほか。

日時 9月27日(水曜日) 午後1時30分から3時
場所 公民館 3階講座室
定員 35名(申込先着順)
申し込み

9月8日(金曜日)午前9時から
公民館電話042(572)5141

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-8501
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム