〈哲学講座〉『日本精神史』を振り返る

更新日:平成29年12月5日

講師 長谷川 宏(哲学者)

  今年も年明けから哲学講座がはじまります。この講座では、哲学者の長谷川博さんを講師に迎え、様々なテキストを参加者のみなさんと共に読み、深めていきます。これまでの哲学講座では、『自由論』『ハムレット』『リア王』『徒然草』といった作品を読んできました。
  今回は、一昨年度と昨年度で取り上げた長谷川さんの著書『日本精神史(上・下)』を振り返ります。『日本精神史』は、構想執筆20年、1000ページを超える大作です。初回は、過去2年間の講座でまだ取り上げていない章にふれ、その後は参加者の方々の希望を聞きながら進める予定です。新しい年のスタートに、縄文時代の三内丸山遺跡から江戸時代の四谷怪談まで、日本の「精神」の流れを一緒に辿ってみませんか。

〈長谷川さんの著訳書〉
  ヘーゲル『精神現象学』(作品社)の翻訳でドイツ連邦政府翻訳賞受賞。『高校生のための哲学入門』(筑摩書房)、『ことばをめぐる哲学の冒険』(毎日新聞社)、『双書哲学塾 生活を哲学する』(岩波書店)、『ちいさな哲学』(春風社)等多数。

(注)テキストの『日本精神史(上、下)』(講談社)をご用意ください

 

日時 1月13日から2月10日(全5回)
毎週土曜日、午後2時から午後4時
場所 公民館 3階講座室
定員 27名(申込先着順、原則全回出席できる方)
(注)定員超過の場合、市内在住者優先。ただし、定員に達しない場合は市外在住者も参加可能。
申し込み

12月9日(土曜日)午前9時から
公民館電話042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-8501
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム