〈パラスポーツ体験講座 第4弾〉ゴールボールをやってみよう

更新日:平成30年1月5日

―2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて―

講師 高田 朋枝(北京パラリンピックゴールボール選手、日本パラリンピアンズ協会理事)
コーディネーター 川田 幸生(一橋大学大学院生)

  「ゴールボール」を知っていますか? アイシェード(目隠し)を着用したプレーヤー同士が、コート内で鈴入りのボールを転がすように投球し合い、相手ゴールを狙います。パラリンピックの視覚しょうがいしゃの正式種目です。視覚しょうがいしゃのあるなしに関わらず一緒に楽しむこともできます。今回は北京パラリンピックのゴールボール日本代表を経験された高田さんに、その魅力を教えていただき、実際に競技を体験します。ぜひお気軽にご参加ください。

日時・場所

第1回 2月4日(日曜日)  午後3時から午後5時
           公民館 地下ホール

第2回 2月24日(土曜日) 午後3時から午後5時
           東京都多摩障害者スポーツセンター
           (注)下記リンク先参照

定員 20名(申込先着順)
持ち物 体育館シューズ、動きやすい服装、タオル、飲み物など
申し込み

1月12日(金曜日)午前9時から
公民館電話042(572)5141

東京都多摩障害者スポーツセンター アクセス

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-8501
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム