病気の子どもの「きょうだい」支援

更新日:平成30年4月19日

講師 清田 悠代(NPO法人しぶたね)

  もし子どもが大きな病気になったら……。 親や周囲の大人たちの目は、病気の子どもに注がれます。しかしその中で、不安や寂しい気持ちを胸にしまいこみ、がまんしている「きょうだい」がいることにお気づきでしょうか。感染予防のために子どもは病棟へ入れないこともあり、外で一人、待ち続けているきょうだいがいることを。
  今回は大阪で、そんな「きょうだい」が安心して自分の気持ちを話せる場所や人を増やすための支援活動、きょうだいの居場所づくりを行っている清田さんにお話を伺います。また、同じ地域で暮らす私たちには何ができるのか、考える機会にしたいと思います。

日時 4月14日(土曜日) 午後2時から午後4時30分
場所 公民館 地下ホール
定員 50名(申込先着順)
申し込み 3月9日(金曜日)午前9時から
公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム