〈図書室のつどい〉『通じない日本語』―世代差・地域差からみる言葉の不思議―

更新日:平成30年9月5日

お話 窪薗(くぼぞの) 晴夫(国立国語研究所)

  地域や世代によって日本語の使い方がかなり異なってきている中で、相手の言葉が正しく理解できない、自分の言葉が相手にしっかり通じないといった経験をしたことがある人も多いかと思います。日本語は実は多言語社会であると窪薗さんはおっしゃっています。世代差と地域差の二つの要因から、コミュニケーションにどのような誤解や摩擦が生じるかを、多くの実話を通してお話を伺います。

〈窪薗さんの本〉
表題作(平凡社)のほか、『オノマトペの謎』(岩波書店)、『数字とことばの不思議な話』(岩波書店)ほか多数。

時間 9月28日(金曜日) 午後7時から9時
場所 公民館 3階講座室
定員 30名(当日先着順)
申し込み 申し込みは不要です。ご自由においでください。ただし、定員を超えた場合は入場を制限させていただきます。
問い合わせ先:公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム