〈作家と作品〉―井上ひさしを観る―

更新日:平成30年9月5日

講師 嶋田 直哉(明治大学・日本近代文学)

  この講座では、作家の生涯と重ねて作品を読むことにより、その作家と作品への理解を深めていきます。
  今回は、劇作家として数多くの作品を遺した「井上ひさし」を取り上げます。毎回、映像を交えながら、初期の頃から晩年までの演劇的な仕事の全貌を見渡してみたいと思います。
  「戯曲を読んだことがない」という方も、この機会に読んでみませんか。

(1) 9月27日(木曜日) 『父と暮らせば』
(2) 10月25日(木曜日) 『ムサシ』
(3) 11月29日(木曜日) 井上ひさし初期作品を観る 
(注)(1)(2)で取り上げる作品を、事前に読んできてください。
      (3)は資料を用意します。

 

時間

午後7時から9時(全3回)

場所 公民館 3階講座室
定員 各回27名(申込先着順)
申し込み 9月7日(金曜日)午前9時から
公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム