〈憲法を考える連続講座(6)〉主権なき平和国家―アメリカと対等になるには―

更新日:平成30年11月5日

講師 伊勢崎 賢治(東京外国語大学、元NGO・国際連合職員)

  国際紛争の現場で武装解除に携わってきた「紛争解決人」である伊勢崎さんに本当の意味で日本を守るための国防についてお話をうかがいます。
  憲法9条の改憲について論じるには、日米地位協定の改定が大前提だと伊勢崎さんはおっしゃいます。
  地位協定の国際比較から、これからの日本の姿を考えたいと思います。

〈伊勢崎さんの著書〉
『9条「加権」案への対抗軸を探る』(かもがわ出版)、『主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿』(集英社)、『新国防論 9条もアメリカも日本を守れない』(毎日新聞出版)、本当の戦争の話をしよう:世界の「対立」を仕切る(朝日出版社)ほか多数

時間 12月15日(土曜日) 午後2時から4時
場所 公民館 地下ホール
定員 50名(申込先着順)
申し込み 11月8日(木曜日)午前9時から
公民館電話 042(572)5141

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 公民館


住所:186-0004
国立市中1-15-1
施設のページ
電話:042-572-5141
お問い合わせフォーム