国立市保育整備計画について

更新日:平成29年9月25日

国立市保育整備計画(案)の策定

国立市保育整備計画(案)について

国立市では、2月27日に『国立市保育整備計画(素案)』を公表して以降、様々な機会を通じて、市民や公立保育園保護者の方々からご意見を伺ってきました。

その過程において、「保育士が変わることが大きな心配である」といった主旨のご意見を多くいただきました。そうした中、国立市が設立する社会福祉事業団に移管する手法について、効果や課題と合わせて検討を進め、この度、それらの検討を踏まえた『国立市保育整備計画(案)』を策定いたしました。

国立市保育整備計画(案)のダウンロード

国立市保育整備計画(案) (PDF:4.3MB)

国立市保育整備計画(案)に関する市民懇談会の開催について

(以下のリンク先のページをご覧ください)

国立市保育整備計画(案)に関する市民懇談会(平成29年11月)

国立市保育整備計画(素案)の策定

国立市保育整備計画(素案)について

国立市では、平成27年12月に公立保育園民営化の実施について決定し、国立市保育審議会に対し、公立保育園民営化についての基本的な考え方、方法、ガイドラインの作成について諮問し、基本的な考え方及び方法については平成28年5月に、ガイドラインについては平成28年11月に答申を受けました。

5月の審議会答申を受けて、公立保育園の民営化の取組については、第三次子ども総合計画の保育に関するアクションプランとして、今後の市の保育サービス全体の整備についての「保育整備計画」を策定し、当計画において民営化方針についても定め、計画に沿って進めていくことといたしました。

「保育整備計画」については、庁内検討会を設置して計画の策定に取り組み、当計画(素案)を集約いたしましたので、市民の方々にお示しいたします。

なお、当計画(素案)については、3月15日に開催される国立市議会福祉保険委員会において報告するほか、3月16日からはパブリックコメントを実施する予定です。また、当計画(素案)及び公立保育園民営化の取組については、今後も引き続き説明会等を開催し、保護者の方々よりご意見をいただきながら進めてまいります。

国立市保育整備計画(素案)の構成

第1章 保育整備計画について

  1. 計画策定の背景と目的
  2. 計画の位置づけ
  3. 計画期間

第2章 保育・子育て支援の状況

  1. 国立市の人口動態
  2. 保育施設等の状況
  3. 保育事業の状況
  4. 子育て支援事業の状況
  5. 保育事業及び子育て支援事業のコストの状況

第3章 保育施策の基本的な考え方

  1. 国立市の目指す保育施策の方向性
  2. 保育行政課題の優先度の考え方

第4章 公と保育園が果たすべき役割

  1. 今後の公の役割と保育園の基本的な考え方
  2. 保育環境向上に向けて市が目指す取組
  3. 保育園の役割

第5章 民間保育施設・幼児教育施設・在宅子育て家庭への支援の在り方

  1. 民間保育施設・幼児教育施設・在宅子育て家庭への支援の基本的な考え方
  2. 民間保育施設への支援の在り方
  3. 幼児教育施設への支援の在り方
  4. 在宅子育て家庭への支援の在り方

第6章 基本的な考え方の実現に向けて

  1. 人材と財源の確保
  2. 民間活力の導入
  3. 公立保育園民営化方針

→民営化対象保育園及び移管する年度についてはこの項目をご覧ください。

附編

  1. 国立市保育方針
  2. 国立市保育園民営化ガイドライン(案)

資料編

 

国立市保育整備計画(素案)のダウンロード

国立市保育整備計画(素案) (PDF:3.9MB)

国立市保育整備計画(素案)【概要版】 (PDF:1.7MB)

 

国立市保育整備計画(素案)に対する意見募集(パブリックコメント)及び意見を聴く会

国立市保育整備計画(素案)に対する意見募集

国立市保育整備計画(素案)市民の意見を聞く会(平成29年5月)

公立保育園 保護者の意見を聴く会(平成29年7月)

関連情報

保育審議会

保育審議会答申について

保育園民営化に関わる説明会

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
子ども家庭部 児童青少年課 保育・幼稚園係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(19番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:139、406)
ファクス:042-576-2283
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。