高齢者インフルエンザ予防接種

更新日:平成29年10月13日

高齢者インフルエンザ予防接種(接種費用の一部公費負担)

初冬から春先に流行が見られる季節性インフルエンザは、普通の風邪とは違い、高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を併発する等、重症になることがあります。流行前に予防接種を受けることをお勧めします。

対象

  1. 接種当日に65歳以上の方(65歳の誕生日の前日から接種可能)
  2.  接種当日に60歳以上65歳未満の方のうち下記の(1)(2)のいずれかに該当する方で1級の身体障害者手帳を有する方。
    (1)心臓、じん臓、呼吸器の機能にしょうがいをお持ちの方。
    (2)ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能にしょうがいをお持ちの方

接種期間

平成29年10月15日(日曜日)から平成29年12月28日(木曜日)まで(各指定医療機関の診療時間内)

実施機関

国立市内の指定医療機関及び近隣11市の指定医療機関

受け方

予診票は各指定医療機関に置いてあります。
医療機関に申し込み、保健証を必ず持ってお出掛けください。
対象1の方にお送りするご案内の「はがき」は、お持ちいただかなくても接種することができます。

費用

予防接種費用のうち自己負担額は2,500円です(公費負担は接種期間内1回限り。)

生活保護世帯の方と中国残留邦人等支援給付世帯の方は、全額免除になります。
生活保護受給証明書または支援給付受給証明書(本人確認証の写しも可)を指定医療機関に提出してください。

接種期間以外及び指定医療機関以外で接種される方は全額自己負担になります。

予防接種は本人が接種を希望した場合に限り行います。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種健康被害救済制度について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 健康増進課 保健センター


住所:186-8501 国立市富士見台3-16-5 保健センター1階
施設のページ
電話:042-572-6111
お問い合わせフォーム