認知症のチェックをしませんか

更新日:令和元年12月19日

認知症は誰でもかかる可能性のある脳の病気です。認知症は治らないから医療機関に行ってもしかたがないと考えていませんか?
認知症も他の病気と同じように、早期診断と早期治療が非常に大切です。

早く気づくことのメリット

  1. 今後の生活の準備をすることができます
  2. 治る認知症や一時的な症状の場合があります
  3. 進行を遅らせることが可能な場合があります

認知症についての市内相談先

認知症について何か困ったことがあればお気軽にご相談ください。
地域包括支援センターが、医療と連携して認知症の対応を行います。

相談先一覧
名称 住所 電話番号
地域包括支援センター 国立市富士見台2-47-1(市役所内)

042-576-2123(直通)

042-576-2111(代表)(内線153・169)

在宅医療相談窓口 国立市富士見台4-10-1   042-569-6213

自分でできる認知症チェック
気になり始めたら自分でチェックしてみましょう。ご家族や身近な方がチェックすることもできます。ご活用ください。

くにたち認知症ケアパス(PDF:2.2MB)

このチェックリストの結果はあくまでもおおよその目安で医学的診断に変わるものではありません。認知症の診断には医療機関での受診が必要です。
身体機能が低下している場合は点数が高くなる可能性があります。
出典:東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課「知って安心認知症」(平成29年9月発行)

また、くにたち在宅療養ハンドブックにも“家族がつくった「認知症」早期発見のめやす”が掲載してありますので、参考にしてください。

くにたち在宅療養ハンドブック

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア・在宅療養推進担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(2番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2123(直通)、042-576-2111(内線:153、169、185、187)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。