国立市介護職員初任者研修受講費助成事業

更新日:令和元年11月28日

  市内で働いていただく介護職の人材を増やすことを目的として、介護職員初任者研修を修了し、市内の介護保険サービス事業所(訪問介護・特別養護老人ホーム等)および障害福祉サービス事業所(居宅介護および重度訪問介護事業所等)で働く方に対し7万円を限度として、2回に分けて研修受講費を助成します(今年度の定員は5名。申込先着順)。申請方法の詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

概要
対象者((1)から(4)すべてを満たす方)

(1)市内に住所を有すること。

(2)平成28年4月1日以降に介護職員初任者研修を修了し、かつ、当該受講料の支払を完了していること。

(3)介護職員初任者研修を修了した日から3か月以内に介護施設において就業を開始し、かつ、当該就業を1年以上継続する予定であること。

(4)受講料について、その他の助成を受けていないこと。

助成金の額

上限7万円

(4万円を超えた額は、介護施設において就業を開始した日から1年を経過した日から3か月以内に再度請求が必要です)。

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 高齢者支援課 地域包括支援センター


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(2番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2123(直通)、042-576-2111(内線:153、169、185、187)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム