自立支援医療 更生医療

更新日:平成28年7月1日

各種手帳を取得するには、下記リンクをご参照ください。

手帳制度について

自立支援医療 更生医療

対象

 身体障害者手帳を持つ18歳以上の方で、治療により機能の回復が可能であると判定された場合に、その障害を除去・軽減または進行を防ぐための給付を行う。

給付内容

 医療費(保険適用分)のうち原則として1割を負担。ただし、住民税額や疾病に応じて自己負担上限額を設定します。(入院時の食事は原則自己負担)

生活保護受給者は無料

申請手続

  下記のものをお持ちになって、しょうがいしゃ支援課手当・給付係へ。

  1. 身体障害者手帳
  2. 申請書
  3. 指定医療機関による更正医療概略書・見積り明細書
  4. 本人の保険証
  5. 被保険者の市民税所得割額がわかるもの(市民税課税・非課税証明書など)
  6. 印鑑
  7. 自立支援医療受給者証<更正医療>(更新の場合に必要です)

2、3は手当・給付係の窓口にあります。ただし、指定医療機関による更正医療概略書・見積り明細書診断書については医師及び病院で記入してもらってからお持ちください

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 しょうがいしゃ支援課 手当・給付係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(5番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:161、162)
ファクス:042-573-1102
お問い合わせフォーム