令和元年度市・都民税の申告をされていない方へ

更新日:令和元年9月5日

 令和元年度市・都民税の申告書が未提出の方に、「市・都民税の申告について」のはがきを8月下旬に送付しました。市・都民税の申告内容は、国民健康保険税、介護保険・後期高齢者医療保険料の算定基準となります。また、就学援助、こども医療費助成制度など、各種手当を受けている方は、市内居住者に扶養されている方を除き、収入の有無にかかわらず申告が必要です。

公営住宅にお住まいの方やシルバーパスの申請をされる方は、市・都民税の課税・非課税証明書が必要になることがあります。申告がされていないと証明書を発行できない場合がありますので、証明書が必要な方は、早急に申告をお願いします。

なお、市外居住者に扶養されている方へも、「市・都民税の申告について」のはがきをお送りしていますので、ご了承ください。

また、このはがきは申告をお願いするものであり、市・都民税が支払われていないことを通知するものではありません。

(注)はがきにはシステムの都合上、平成31年度と表記しています。

申告に必要なもの

  • 印鑑、申告書(申告書は係に用意してあります)
  • 平成30年中の所得(収入)に関する書類
  • 所得控除(医療費、生命保険、地震保険、社会保険料等)のある方は、その領収書または証明書

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 課税課 市民税係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(15番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2113(直通)、042-576-2111(内線:111、112、113、115)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム