「国立市認知症の日」イベント開催

更新日:令和2年10月19日

令和2年10月25日(日曜日)に「第9回国立市認知症の日」を開催します。

会場への参加は限定50名(要申込)です。新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、第2部(講演会・シンポジウム)をYouTubeでLive配信します。

認知症の日とは

国立市では、市民、行政、医療・介護の関係者などで認知症に対する理解を深め、身近な問題として考える日として、平成24年より10月の第3土曜日を「国立市認知症の日」と制定しました。

「安心して暮らせる」、「認知症のことを理解して見守ってくれる」、「自分の話を聞いてくれる」、「わかるように話してくれる人たちがいる」。そのような地域をめざして、「国立市認知症の日」イベントを開催しています。

 

映画「ペコロスの母に会いに行く」(定員に達しました。お申込ありがとうございました。)
 

ペコロスの母に会いに行くチラシ

「第9回国立市認知症の日」の内容

内容

【日時】
令和2年10月25日(日曜日)
第1部:10時30分から12時30分まで(開場:10時)
第2部:13時30分から15時30分まで(開場:13時)

【第1部】
10時30分から
1. 第1部はじめのことば
2.「ペコロスの母に会いに行く」上映開始

(注)第1部と第2部は入れ替え制。

【第2部】
13時30分から
1. 国立市長 永見 理夫 挨拶
2. 国立市在宅療養推進連絡会代表 新田 國夫 挨拶
13時40分から
3. 基調講演「認知症施策について」
厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課地域づくり推進室室長補佐:田中 明美氏
14時00分から
4. 映像「認知症の人と暮らすまち」
14時25分から
5. シンポジウム∼認知症の本人、家族をどう支えるか。∼
・シンポジスト:田中 明美氏
・コーディネーター:新田 國夫氏
15時25分から
6. 林 大樹先生 挨拶

日時 令和2年10月25日(日曜日)
場所 くにたち市民芸術小ホール
費用 無料
申込

必要(1部、2部それぞれ計50名。申込先着順)

Live配信 国立市チャンネルURL

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 高齢者支援課 地域包括支援センター


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(2番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2123(直通)、042-576-2111(内線:153、169、185、187)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム