マスクの着用について(教育長メッセージ)

更新日:令和4年4月26日

保護者・地域の皆様には、市教育行政に対して、日頃より多大なるご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

 

コロナ禍の状況になってから2年以上が経過しました。

 

国立市立小・中学校では、昨年度、一昨年度は教育活動の中止や縮小をすることもやむを得ない状況が続きました。現在は、各校で工夫をしながら、可能な範囲で通常の教育活動を推進しています。

 

「マスクの着用」について、皆様に知っていただきたいことがあります。

 

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、国立市教育委員会としても感染症対策の一環として、原則マスクの着用をお願いしています。国立市教育委員会では、「マスクの着用」について、文部科学省「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアルから『学校の新しい生活様式』から」を参考にして、国立市立学校に次のように示しています。

 

児童・生徒等及び教職員は、基本的には常時マスクを着用することが望ましいが、

次の場合には、マスクを着用する必要はないことに留意する。 

〇十分な身体的距離が確保できる場合

〇熱中症などの健康被害が発生する可能性が高いと判断した場合

〇個別に配慮が必要な場合

 

マスクを着用することで、頭が痛くなる、暑くてふらふらする、気持ち悪くなる、耳の裏が痛くて出血している、相手の顔が分からずに不安・・・など、心や体に支障をきたし、マスクの着用が困難な状態にある児童・生徒もいると考えられます。皆様におかれましては、さまざまな事情によりマスクを着用できない児童・生徒がいることをご理解いただき、互いに認め合い、支え合う学校づくりにご協力いただけたら幸いです。マスクの着用については、いじめや差別が起きないように教育委員会と学校とで連携を図ってまいります。

 

今後も一人一人を大切にしながら、児童・生徒が有意義かつ安全に生活できるよう教育活動を進めてまいります。

引き続き、ご理解とご協力のほど、お願いいたします。

 

                                                         令和4年4月26日

教育長 雨宮 和人

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
教育委員会 教育指導支援課 教職員係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(43番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:334、339)
ファクス:042-576-3277
お問い合わせフォーム