【新型コロナウイルスのワクチン接種】基本情報について

更新日:令和4年1月18日

最新の情報

1月18日更新

1月14日更新

12月20日更新

12月8日更新

ワクチン接種にあたって

  • ワクチンを接種するには、ご本人の同意が必要です。ワクチンの効果と副反応を正しく理解したうえで、接種するかどうかの判断をしましょう。病気で治療中、授乳中、妊娠している等の理由で、接種に不安のある方は、主治医等とご相談ください。
  • 対象の方は、法律上接種を受けるよう努めなければならないとされています(妊娠中の方を除く)が、強制ではありません。市民の皆さまにおかれましては、接種しない選択をした方が差別されることがないようにご配慮をお願いします。

新型コロナウイルスに関連する人権への配慮について

 

国立市新型コロナワクチン予約・案内センターについて

令和3年4月1日より、国立市新型コロナワクチン予約・案内センターを開設しました。
詳細は、下記リンク先をご覧ください(各種相談先についてまとめています)。

ワクチン接種に関する各種相談先(コールセンター等)について

1回目・2回目のワクチンの接種について

接種費用

無料(全額公費負担)

対象

接種する日に満12歳以上の方

接種するワクチン

集団接種会場(市民総合体育館)、市内の医療機関で接種を受ける場合

ファイザー社のワクチン

接種の流れ 

接種の流れ
1.接種券を準備する 2.接種会場を確認する 3.予約する 4.接種を受ける

 接種の流れの詳細は、下記リンク先をご覧ください。

【新型コロナウイルスワクチン】接種の流れ

接種会場

原則、国立市に住民票がある方は、国立市内で接種します。

東京都等が設置している大規模接種会場でも、特例で接種することが可能です。

(注)現在、国立市では、市内医療機関で規模を縮小して接種を行っています。

(注)1回目の接種と2回目の接種は、原則として同じ会場で接種を受ける必要があります。

■市内で接種を実施している医療機関は、下記リンク先をご覧ください。

【新型コロナウイルスワクチン】接種を受けることができる市内の医療機関

■東京都等が設置する接種会場については、下記リンク先をご覧ください。

都が設置するワクチン大規模接種会場に関する情報について(東京都ホームページ)

予約方法

市内医療機関で接種を受ける場合(市で予約受付を行う会場で接種を受ける場合)、予約は、国立市予約サイト(インターネット、LINE)または電話(新型コロナワクチン予約・案内センター)で受け付けます。詳細は、下記リンク先をご確認ください。

【新型コロナウイルスワクチン】接種の予約について

3回目のワクチン接種について

接種費用

無料(全額公費負担)

対象

新型コロナウイルスワクチンの2回目接種日から原則8カ月以上経過した方(★)で、3回目接種日時点で国立市に住民票がある18歳以上の方

★:接種時期は、国の指針により前倒し可能です。詳細は、こちら

接種券の郵送について(1月18日更新)

国の指針に従い、接種券の郵送日を下記のとおり変更します(2回目接種日が令和3年7月17日以降の方の接種券郵送日を前倒ししています)。

今後、国の指針や予約状況等によって、接種券の郵送日を変更する場合があります。

2回目接種日

65歳以上の方の接種券郵送日

(昭和32(1957)年4月1日以前に生まれた方)

65歳未満の方の接種券郵送日

令和3年

3〜4月

郵送済 郵送済
5月1日〜30日 郵送済 郵送済
5月31日〜6月9日 1月14日(金曜日) 1月14日(金曜日)
6月10日〜15日 1月18日(火曜日) 1月18日(火曜日)
6月16日〜21日 1月20日(木曜日) 1月20日(木曜日)
6月22日〜27日 1月21日(金曜日) 1月21日(金曜日)
6月28日〜7月5日 1月25日(火曜日) 1月25日(火曜日)
7月6日〜16日 1月28日(金曜日) 1月28日(金曜日)
7月17日〜31日 2月4日(金曜日) 2月4日(金曜日)
8月1日〜10日 2月9日(水曜日) 2月28日(月曜日)
8月11日〜20日 2月18日(金曜日) 2月28日(月曜日)
8月21日〜31日 2月28日(月曜日) 2月28日(月曜日)
9月1日〜10日 3月9日(水曜日) 3月30日(水曜日)
9月11日〜20日 3月18日(金曜日) 3月30日(水曜日)
9月21日〜30日 3月30日(水曜日) 3月30日(水曜日)
10月1日〜10日 4月8日(金曜日) 4月28日(木曜日)
10月11日〜31日 4月28日(木曜日) 4月28日(木曜日)
11月1日〜30日 5月30日(月曜日) 5月30日(月曜日)
12月1日〜31日 6月29日(水曜日) 6月29日(水曜日)

3回目接種時期について

3回目接種時期は、原則、2回目接種日から8カ月後の同じ日(同じ日がない場合は翌日)以降ですが、下記のとおり、8カ月以上の経過を待たずに接種可能です(最短6カ月)。

  • 医療従事者・高齢者施設等の入所者および従事者等

→6カ月以上経過後接種可能

  • 65歳以上の高齢者(昭和32(1957)年4月1日以前に生まれた方)

→7カ月以上経過後接種可能、3月以降、6カ月以上経過後接種可能

  • その他の一般の方

→3月以降、7カ月以上経過後接種可能

(注)インフルエンザなど他のワクチンを接種する場合は、接種の間隔を13日以上あける必要があります。

 

  • 接種券は、2回目の接種の完了を市で確認できている方へ、順次接種券を郵送します(2回接種を受けていない方へは郵送しません)。
  • 2回目の接種後に国立市に転入してきた方で、3回目の接種を希望する方は、接種券発行の申請が必要です。

転入等の理由による接種券発行の申請については、下記リンク先をご覧ください。 

【新型コロナウイルスワクチン】接種券の発行申請について

接種場所

■勤務先の医療機関

■集団接種会場(市民総合体育館 第一体育室(富士見台2-48-1)、2月3日(木曜日)〜)

■市内の医療機関(詳細は、こちらでご確認ください)

 

東京都が設置する大規模接種会場での接種については、下記リンク先をご覧ください。

ワクチンを接種したい(3回目)(東京都福祉保健局)

予約方法

集団接種会場および市内の医療機関で接種を希望する方の予約方法については、こちらでご確認ください。

使用するワクチン

メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー社、武田/モデルナ社のワクチン)

(注)1回目・2回目接種で使用したワクチンにかかわらず接種可能。

市内での接種は、接種会場・日程によって使用するワクチンが異なります。

■集団接種会場:ファイザー社・武田/モデルナ社

(日程により使用するワクチンが異なります。武田/モデルナ社のワクチンを使用する日程の方が多いです)

■市内医療機関:ファイザー社

 

3回目の接種については、厚生労働省が作成した下記書類やリンク先もご覧ください。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(3回目ファイザー社)(PDF:825.6KB)

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(3回目武田/モデルナ社)(PDF:843.3KB)

新型コロナワクチンQ&A 追加接種(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ(PDF:1.3MB)

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(PDF:408KB)

追加接種(3回目接種)についてのお知らせ(厚生労働省)

ワクチンについての情報

ワクチンの効果や安全性、副反応について厚生労働省等のホームページで公開しています。最新の情報はこちらでご確認ください。

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)

ファイザー社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルスワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)

接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)

【新型コロナウイルスワクチン】接種後の注意点

ワクチンに関する誤情報にご注意ください

現在、新型コロナワクチンに関する誤情報がインターネットやSNS等のさまざまな媒体で流布しています。情報は、情報元をしっかり確認し、誤った情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

《主な質問(厚生労働省ホームページより抜粋)》

質問 回答
新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなっているというのは本当ですか。 「ワクチンを接種した後に亡くなった」ということは、「ワクチンが原因で亡くなった」ということではありません。接種後の死亡事例は報告されていますが、現時点で、新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなったということはありません。
 
ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか。 ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。
新型コロナワクチンの臨床試験(治験)が終わっていないというのは本当ですか。 新型コロナワクチンは、臨床試験(第3相試験)で、有効性と安全性に関して厳格な評価が行われた後に承認されています。その上で、効果の持続性等を確認するために、臨床試験の一部が継続されています。

下記リンク先で、注意が必要な誤情報についての説明しています。

これは本当ですか? 新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

新型コロナワクチン(mRNAワクチン)注意が必要な誤情報(厚生労働省)

 

正確な情報を見抜く方法を下記リンク先で紹介しています。

誤情報に惑わされないために。情報リテラシーの重要性と正確な情報の受け止め方 新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 対策担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(28番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:431、432)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。