新型コロナウイルスのワクチン接種についてよくある質問

更新日:令和3年5月14日

接種方法について

接種はいつから始まりますか。

65歳以上の方は5月10日(月曜日)の週から接種を開始します。

(注)その他の方の接種開始時期は、未定です。

決まり次第こちらでお知らせします。

接種はどこで受けられますか。

市内では、下記の場所で接種を受けることができます。

  • 市民総合体育館(富士見台2丁目48番地1)
  • 市内の医療機関

(注)住民票がある自治体での接種が原則です。

(注)市内では、当面の間、ファイザー社のワクチンを接種します。

市内の医療機関等での接種については、こちらをご覧ください。

自衛隊東京大規模接種センターでの接種については、こちらをご覧ください。

接種はどのようにすれば受けられますか。

住民票がある自治体から送付される接種券が届いた後、接種時期・会場を確認し、 必ず予約をしてください。

詳細は、下記リンク先でご確認ください。

【新型コロナウイルスワクチン】接種の流れ

(注)65歳以上の方で、まだ接種券が届いていない方は、接種券の再発行手続きを行ってください(詳細は下記リンク先をご確認ください)。

接種券の再発行について

(注)その他の方の接種券郵送時期は6月を予定しています。接種開始時期は、現在のところ未定です。決まり次第お知らせします。

予約の受付状況について

予約受付については、こちらをご覧ください。

キャンセル待ち登録について

国立市では現在、キャンセル待ち登録は行っておりません。キャンセルが出たワクチンについては、国立市医師会からの要請に基づき、接種者・従事者双方の感染予防のため集団接種会場で従事する市職員等に接種することとしています。今後、変更する際には市報や市ホームページ等で周知します。

住民登録地以外での接種について

新型コロナウイルスワクチンの接種は住民登録地の医療機関で受けることが原則ですが、やむを得ない理由がある場合は住民登録地以外の医療機関で接種できます。

(やむを得ない理由の主なもの)

・入院・入所者
・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
・災害による被害にあった者
・出産のために里帰りしている妊産婦
・遠隔地に下宿している学生
・単身赴任者

(注)詳細は、接種を受ける医療機関の所在地の自治体へお問い合わせください。

国立市に住民登録のある方が、他自治体の医療機関で接種する場合

国立市が発行した接種券を使って、接種を受けます。接種先の医療機関の所在する自治体に問い合わせ、指示に従って接種してください。

現在の所在地への接種券郵送をご希望の方は、下記ページ記載の手続きを行ってください。

新型コロナウイルスワクチン接種券の送付先変更について

他自治体に住民登録のある方が、国立市の医療機関で接種する場合

住民登録のある自治体が発行した接種券を使って接種を受けます。理由によっては国立市へ事前の届出が必要な場合があります。手続きの方法の詳細は、下記ページをご確認ください。

住民票登録地以外で新型コロナウイルスワクチン接種を希望する方へ

接種券の再発行について

接種券を紛失した等の理由で再発行を希望する方は、下記リンク先の手順に従って申請してください。

接種券の再発行について

最近転入・転出した65歳以上の方の接種について

接種を受けるには、接種日時点で住民票がある自治体が発行した接種券が必要です。65歳以上の方(昭和32(1957)年4月1日以前に生まれた方)で、国立市に転入してきた場合は、国立市が発行した接種券が必要です。発行の手続き方法は、下記リンク先をご確認ください。

接種券の再発行について

(注)65歳以上の方で、国立市から転出した場合は、転出した先の自治体の案内にしたがってください。

接種後に注意すること

接種後に注意することや、副反応などの症状が出た場合は相談先等については、下記リンク先をご確認ください。

【ファイザー社のワクチンの場合】接種後の注意点

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 対策担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(28番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:431、432)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム