海外渡航用の新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

更新日:令和3年7月26日

海外渡航の予定がある方を対象に新型コロナウイルスワクチン接種証明書を交付します。申請は、7月26日(月曜日)から開始します。

申請から交付までは、約1週間程度かかります。

対象

日本の予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた方で、海外渡航時に本証明書を必要とする方

下記の方は対象外です。

・海外渡航時の利用を目的としない方

・国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)

記載内容(英語と日本語で表記)

接種を受けた方の情報

(氏名・生年月日・国籍・旅券番号)

予防接種に関する情報

(接種年月日、接種回数、予防接種に使用されたワクチンにかかる製造販売業者の名称、製品名、製造番号、予防接種を受けた国など)

申請先

接種日時点で住民票がある市町村(接種を受ける際に使用した接種券を発行した市町村)

(注)接種後に転居したなどの理由で1回目と2回目で別の市町村の接種券を利用して接種を受けた場合には、それぞれの自治体に申請が必要です。

申請方法(国立市に住民票がある場合)

下記提出先まで、郵送または窓口で下記書類をご提出ください。

1.申請書(下記問い合わせ先の窓口および市ホームページから入手可、必要事項記入)

2.旅券(パスポート)の写し

3.接種記録を確認できる書類(接種券(接種済証)など接種券番号が確認できるものまたはマイナンバーを確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カードなど)の写し)

4.接種事実を確認できる書類(接種券(接種済証)または接種記録書の写し(紛失した場合、予診票本人控えの写しでも可))

5.本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証など、返送先の住所が記載されたもの)

6.返信用封筒(宛名・住所記載、84円切手貼付) (注)郵送の場合のみ

(注)上記3.4が同一の書類の場合、1通のみのご提出で問題ありません

(注)返送先の住所は、原則申請者本人の住所です(返信先の住所が記載された本人確認書類の写しが必要です)。

(注)このほか、場合によって必要な書類を求める場合があります。
(注)旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、それを確認できる本人確認書類も必要です。
(注)代理人による申請の場合、委任状および代理人の本人確認書類が必要です。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:61.7KB)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(EXCEL:20.5KB)

委任状(PDF:145.3KB)

提出先

郵便番号186-8501

国立市富士見台2-47-1

新型コロナウイルスワクチン接種対策室対策担当

(市役所1階 28番窓口)

電話:042-505-4114(午前9時〜午後5時)

接種証明書発行に関する問い合わせ先

発行手続きについて

新型コロナワクチン予約・案内センター

電話:042-505-4114(午前9時〜午後5時)

証明書の制度について

厚生労働省新型コロナワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-761770(午前9時〜午後9時)

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 対策担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(28番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:431、432)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。