新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

更新日:令和3年12月17日

12月20日から接種証明書(ワクチンパスポート)が変わります

今までと下記の点が変わります

  • ニ次元コード入りの証明書になります。
  • 電子版(アプリ内申請・アプリ内交付)の証明書を申請できるようになります。
  • 日本国内用の証明書を申請できるようになります。

新しい様式の証明書の申請は、12月20日から受け付けます。

(注)これまでに発行した接種証明書・接種済証・接種記録書も引き続き利用できます。

証明書概要

対象

日本の予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた方

(注)国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象外です。

証明書の種類(2種類)

  1. 海外用
  2. 日本国内用

紙の証明書は、「海外用及び日本国内用(一体型)」または「日本国内用」のどちらかを選択できます。

記載内容

■接種を受けた方の情報

(氏名、生年月日、国籍★、旅券番号★、ローマ字氏名★ 等)

(注)★印は海外用のみ

■予防接種に関する情報

(接種年月日、接種回数、予防接種に使用されたワクチンにかかる製造販売業者の名称・製品名、製造番号、予防接種を受けた国など 等)

■証明書ID 等

 

証明書の詳細は、下記の厚生労働省ホームページや厚生労働省が作成したリーフレットでご確認いただけます。

新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省)

マイナンバーカードで、新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります(厚生労働省作成)(PDF:331.1KB)

ワクチン接種証明書(紙)が新しくなります(厚生労働省作成)(PDF:622.3KB)

申請について

申請先

接種日時点で住民票がある市町村(接種を受ける際に使用した接種券を発行した市町村)

(注)接種後に転居したなどの理由で1回目と2回目で別の市町村の接種券を利用して接種を受けた場合には、それぞれの自治体に申請が必要です。

申請方法(2種類)

アプリ上(下記2点をお持ちの方):電子版の証明書(アプリで表示)

  1. マイナンバーカード(券面事項入力補助用暗証番号も必要)
  2. スマートフォン(NFC Type B対応、ios13.7以上またはAndroid 8.0以上)

郵送・窓口:紙の証明書

 

アプリ上での申請方法(電子版の証明書)

「新型コロナワクチン接種証明書」アプリをダウンロードのうえ、手続きにしたがって、マイナンバーカードの読み取り等を行い、申請してください。

なお、アプリは、12月20日(月曜日)からダウンロードできる予定です。

(海外用を申請する方はパスポート(旅券)のアップロード読み取りも必要です)

詳細は、下記リンク先をご覧ください。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ(デジタル庁)

電子版についてのお問い合わせは、デジタル庁ホームページ上の「デジタル庁 接種証明書アプリに関するお問い合わせ」からお問い合わせください。

新型コロナワクチン接種証明書アプリのアイコン

▲「新型コロナワクチン接種証明書」アプリのアイコンイメージ。

(注)電子版の申請にあたっては、必ず利用規約をご確認ください。また、発行された証明書の内容を必ずご確認ください。

 

下記の方は、電子版の申請ができません

・旧姓・別姓・別名の併記がある人

・DV被害者等の要配慮者

・接種記録がVRSに未登録の人

・海外用を申請する方で旅券以外の渡航文書で請求する人

郵送・窓口での申請方法(紙の証明書)

郵送または窓口で下記書類をご提出ください。

1.申請書(下記提出先の窓口および市ホームページから入手可、必要事項記入)

2.旅券(パスポート)の写し(海外用が必要な方のみ)

3.接種記録を確認できる書類(接種券(接種済証)など接種券番号が確認できるものまたはマイナンバーを確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カードなど)及びその写し

4.接種事実を確認できる書類(接種券(接種済証)または接種記録書の写し(紛失した場合、予診票本人控えの写しでも可))

5.本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証など、返送先の住所が記載されたもの)

6.返信用封筒(宛名・住所記載、84円切手貼付) (注)郵送の場合のみ

(注)上記3.4が同一の書類の場合、1通のみのご提出で問題ありません

(注)返送先の住所は、原則申請者本人の住所です(返信先の住所が記載された本人確認書類の写しが必要です)。

(注)このほか、場合によって必要な書類を求める場合があります。
(注)旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、それを確認できる本人確認書類も必要です。
(注)代理人による申請の場合、委任状および代理人の本人確認書類が必要です。

提出先

郵便番号186-8501

国立市富士見台2-47-1

新型コロナウイルスワクチン接種対策室対策担当

(市役所1階 28番窓口)

電話:042-505-4114(午前9時〜午後5時)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(EXCEL:29.5KB)

委任状(PDF:193.8KB)

証明書に関する問い合わせ先

内閣官房 デジタル庁・総務省 厚生労働省

■電子版証明書について

(証明書アプリの操作方法など)

デジタル庁ホームページ接種証明書アプリに関するお問い合わせ(WEBフォーム)

■接種証明書全般

(証明書の意義や制度全般など)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターフリーダイヤル

電話:0120-761770
■マイナンバーカード全般

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話:0120-95-0178

国立市

■紙の証明書の手続き方法・電子版証明書の接種記録の誤り等

新型コロナワクチン予約・案内センター

電話:042-505-4114

 

海外へ渡航を予定している方は、海外で利用できる証明書等の情報を、下記リンク先でご確認ください。

新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置(外務省海外安全ホームページ)

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 対策担当


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(28番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:432、433)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。