高齢者インフルエンザ予防接種助成

更新日:令和4年10月26日

対象者

  1. 接種当日に国立市に住民登録がある65歳以上の方(65歳の誕生日の前日から接種可能)
  2.  接種当日に国立市に住民登録がある60歳以上65歳未満の方のうち、下記の(1)(2)のいずれかに該当する方でかつ身体障害者手帳1級を有する方。
    (1)心臓、じん臓、呼吸器の機能にしょうがいのある方
    (2)ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能にしょうがいのある方

接種期間

令和4年10月1日(土曜日)から令和5年1月31日(火曜日)まで(各指定医療機関の診療時間内)

実施機関

国立市内の指定医療機関及び近隣11市(立川市、昭島市、小金井市、小平市、東村山市、国分寺市、狛江市、東大和市、清瀬市、武蔵村山市、府中市)の指定医療機関

(注)近隣11市の指定医療機関については、保健センターにお問い合わせください。

(注)上記の指定医療機関以外で接種を希望される場合には、事前に保健センターにお問い合わせください。

国立市内高齢者インフルエンザ予防接種指定医療機関(PDF:126.7KB)

受け方

予診票は各指定医療機関に置いてあります。
事前に指定医療機関に診療時間やワクチンの在庫等をご確認(ご予約)の上、健康保険証を必ずお持ちになって接種を受けてください。

費用

無料(今年度に限り)

(公費助成は接種期間内1回限り)

(注)生活保護受給者の方は、接種時「生活保護受給証明書」を医療機関に提出してください。中国残留邦人等支援給付世帯の方は、接種時「本人確認証」を提示してください。接種費用を無料とするために必要となります。

(注)上記の「対象者」2に該当する方は接種時、身体障害者手帳(1級)を提示してください。

(注)接種期間以外及び指定医療機関以外で接種される方は全額自己負担になりますのでご注意ください。

(注)予防接種は本人が接種を希望した場合に限り行います。

新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンの接種間隔について

新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンは、接種間隔についての制約はありません。
ただし、新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチン以外のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間後に接種可能となりますのでご注意ください。

都の大規模接種会場における新型コロナウイルスワクチンと高齢者インフルエンザワクチンの同時接種の開始について

都の大規模接種会場(東京都行幸地下ワクチン接種センター及び東京都立川南ワクチン接種センター)において、新型コロナウイルスワクチンと65歳以上の高齢者インフルエンザワクチンの同時接種ができます。接種期間は、令和4年10月27日から令和5年1月末までとなります。なお、インフルエンザワクチンのみの接種は対応しておりませんのでご注意ください。

都の大規模接種会場における新型コロナウイルスワクチンと高齢者インフルエンザの同時接種の開始について

予防接種健康被害救済制度について

予防接種健康被害救済制度について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
健康福祉部 健康まちづくり戦略室 保健センター


住所:186-0003 国立市富士見台3-16-5 保健センター1階
施設のページ
電話:042-572-6111
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。