災害時など市ホームページが重いときは、ヤフーのキャッシュサイト(複製サイト)をご利用ください

更新日:令和2年6月25日

国立市では、災害に備え、ヤフー株式会社と「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結しています。

その一環として、災害時のアクセス集中により閲覧しづらくなることを防ぐため、ヤフーのサーバー上に市ホームページ(本体サイト)のキャッシュサイト(複製サイト)を表示しています。

キャッシュサイトには本体サイトと同じ情報が掲載されていますので、市ホームページが閲覧しにくい場合は、キャッシュサイトをご利用ください。

キャッシュサイトの閲覧方法

トップページの場合

以下のURLから閲覧してください。

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp.cache.yimg.jp/

(注)httpの後にsは不要です。

トップページ以外の場合

トップページ以外のページのキャッシュサイトを閲覧する場合は、以下の例のように本体サイトのURLを変更してアクセスしてください。

例:「洪水ハザードマップ」のページのキャッシュサイトを閲覧する場合

  1. 洪水ハザードマップ」の本体サイトのURL(下記)を確認します。
    https://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kurashi/emergency/disaster/1465447521904.html
     
  2. httpの後にsが付いている場合は、sを削除します。
     
  3. tokyo.jpの後に「.cache.yimg.jp」を挿入します。
     
  4. 上記1から3の手順により取得したURL(下記)が、キャッシュサイトのURLとなります。
    http://www.city.kunitachi.tokyo.jp.cache.yimg.jp/kurashi/emergency/disaster/1465447521904.html

注意事項

  • キャッシュサイト内のリンクから他のページに遷移した場合、リンク先のページはキャッシュサイトではなく、本体サイトとなります。リンク先ページのキャッシュサイトについては、再度上記の手順にてURLを取得し、アクセスしてください。
  • リンク先ページが市ホームページの外部ページ(URLが「https://www.city.kunitachi.tokyo.jp/」から始まらないページ)となっている場合、リンク先ページのキャッシュサイトが存在しないことがあります。

災害が想定される場合は、事前にキャッシュサイトのURLを取得しておきましょう

アクセスが集中した場合、本体サイトが閲覧しづらくなり、キャッシュサイトのURLを取得することが困難となる場合があります。

アクセスが集中する前に、閲覧する可能性のあるページは、事前にキャッシュサイトのURLを取得し、お気に入り登録するなどして、いつでも見られるようにしておくことをおすすめします。

災害時には、SNS上でキャッシュサイトへのリンクを掲載します

災害時には、Twitter(ツイッター)やLINE(ライン)、くにたちメール配信で、閲覧の需要が高いと思われるページのキャッシュサイトへのリンクを随時掲載する予定です。

以下のページから、市公式アカウントの「フォロー」や「友だち登録」、「会員登録」をしておくことをおすすめします。

国立市公式SNSアカウントについて

くにたちメール配信

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 市長室 広報・広聴係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 2階(31番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:225、226)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム