雑がみは可燃ごみと分別して、指定の日に出しましょう

更新日:令和3年3月11日

雑がみは可燃ごみと分別して、指定の日に出しましょう

雑がみとは、お菓子の箱やチラシ、封筒など、新聞紙、本・雑誌、段ボール、紙パック以外の紙のうち、リサイクルできるもののことです。

雑がみは可燃ごみとして出さずに、紙袋に入れてひもで十字に縛って、指定の日に出しましょう。

なお、市役所と北市民プラザ、南市民プラザでは、「雑がみ用紙袋」を配布していますので、ぜひご利用ください。

リサイクルできない紙

以下の紙はリサイクルができないため、可燃ごみとして出してください。

  • 汚れがついた紙(ティッシュペーパー等)
  • 感熱紙(レシート等)
  • 粘着物がついた紙(圧着ハガキやシール等)
  • カーボン紙(宅配便の伝票等)
  • 臭いがついた紙(洗剤の箱等)
  • 生ごみがついた紙(ピザの箱等)
  • カバンや靴などの詰物
  • その他特殊な紙

(イラスト)その他の紙

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
生活環境部 ごみ減量課 清掃係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所1階(17番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2119(直通)、042-576-2111(内線:141、142、143、149)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム