光ディスク等による給与支払報告書の提出の義務化について(平成26年1月1日以降から適用)

更新日:令和元年5月9日

 平成23年6月の税制改正により、基準年(前々年)における税務署に提出する「給与所得の源泉徴収票」の枚数が1,000枚以上(注)である場合については、平成26年1月1日以降、光ディスクまたは、e-Tax(イータックス)による提出が義務化されます。
 これに伴い、「給与所得の源泉徴収票」の光ディスク等または、e-Taxによる提出が義務付けられた年分については、平成26年1月1日以降に市役所に提出する「給与支払報告書(及び公的年金等支払報告書)」についても、光ディスク等またはeLTax(エルタックス)による提出が義務化されます。
光ディスク等での提出を希望される場合は、「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」を原則として、給与支払報告書の提出期限の3カ月前までに提出してください。
なお、eLTAXによりご提出いただいた特別徴収義務者については、平成26年度から書面での通知とあわせて特別徴収税額データ(年度当初決定通知書)をeLTAXにて送信いたします。

  • eLTAXによる税額通知データは、原則申告期限内に申告し、承認された場合のみ送付対象となります。
  • 普通徴収(個人納付)対象者は、税額通知には含まれません。別途ご本人への通知を送付します。

(注)提出義務の対象になるかどうかの判断基準となる枚数は、平成33年1月1日以後提出すべき支払調書等において、「100枚以上」に引き下げとなります。

 

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 課税課 市民税係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(15番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2113(直通)、042-576-2111(内線:111、112、113、115)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム