雨水浸透へのご協力のお願い

更新日:平成28年7月1日

市内では都市化がすすみ、アスファルトで覆われた街では、雨が地中に浸透することができず、現在多くの雨水が下水道に流入しています。この結果、市では雨水処理に膨大な費用がかかっております。
さらに、環境的にみても、かつて田畑や雑木林などが果たしていた雨水を浸透させる大切な営みが失われ、地盤沈下、井戸水、河川の枯渇化等が心配されています。

これらを改善させる手段として雨水浸透ますがあります。雨水浸透ますは宅地内に設置し、雨水を集め、地下へと浸透させるものです(下図参照)。地下へと浸透させることにより、下水道への雨水流入の軽減と、地下水、湧き水等自然環境の保全及び回復を図ることができます。市では、この雨水浸透ますの設置助成を行っております。(詳しくは、「雨水浸透ます助成金制度について」のページをご覧ください)
この制度を活用して、大切な水の循環にご協力ください。

雨水浸透ます助成金制度について

(イラスト)雨水浸透ますの概要図

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 下水道課 業務係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(47番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:182、183)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム