屋外広告物の手続きについて

更新日:令和2年7月16日

屋外広告物とは

屋外広告物とは、常時又は一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものであって、看板、立看板、広告塔、広告板及び建物その他の工作物等に表示・掲出されたものなどをいいます。よって、敷地内であっても許可申請の対象となる場合があります。

屋外広告物のしおり

屋外広告物の出せないところ、出せるところ

東京都屋外広告条例では、屋外広告物等を出すことを禁止する必要の地域や場所を「禁止区域」として定めているとともに、屋外広告物を出せない「禁止物件」を定めています。また、知事の許可を受けることによって屋外広告物を出せる地域や場所を「許可区域」として定めています。

なお、国立市独自の屋外広告物の条例はありませんので、東京都屋外広告物条例を遵守し、確認してください。

 

○屋外広告物が

・出せないところ…「禁止区域」(例:第1種・第2種低層住宅専用地域、道路、公園 など)

「禁止物件」(例:ガードレール、街路樹、石垣 など)

 

・出せるところ…  「許可地域」(例:第1種・第2種住居地域、商業区域、準工業地域 など)

屋外広告物のしおり(抜粋)P2(PDF:53.7KB)

自家用広告物の適用除外(許可申請不要となる場合)

「自家用広告物」とは、自己の氏名、名称、店名、商標、事業又は営業の内容を表示するため事故の住所、事業所、営業所又は作業場に表示する広告物等のことをいいます。

自家用広告物については、禁止区域以内では合計面積が5平方メートル以内、許可区域内では合計面積が10平方メートル以内の場合は、申請不要です。ただし、禁止されている事項もありますのでご注意ください。

自家用広告物の適用除外について(抜粋)P3(PDF:43.5KB)

許可権者

広告物等を表示・設置しようとする場所が、広告物の種類や規模により許可権者が東京都多摩建築指導事務所長と国立市長に分かれます。

屋外広告物のしおり(抜粋)P9(PDF:33.7KB)

申請手続き

・申請の受付窓口は、いずれも国立市役所道路交通課になります。(市役所349番窓口)

・申請書及び添付書類については、東京都のホームページからダウンロードできます。

屋外広告物の様式集

屋外広告物の安全管理について

屋外広告物の設置や管理が適切に行われないと、強風や地震等により倒壊や落下するなどして、通行する人などに被害を与える事故が発生する恐れがあります。事故を未然に防ぐために、屋外広告物は十分信頼のおける品質で、強度的にも余裕のある材料を用いて製作してください。

また、架構部材や取付部材などに腐食や変形がないかなどを定期的に点検し、事故を防止するために万全の注意を払ってください。なお、設置や点検する際には、専門知識を有する管理者を置いて管理しなければなりません。

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
都市整備部 道路交通課 管理係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(49番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2111(内線:357、358)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。