法人税割、均等割とは何ですか。どのように計算しますか。

更新日:平成28年7月1日

法人税割、均等割とは何ですか。どのように計算しますか。

 法人税割は、法人税額(国税)を課税標準として課税されます。使用される法人税額と同じ事業年度に係る法人市民税の確定申告で計算します。国立市のみに事業所を有する場合には、法人税額×税率で求めます。他市町村にも事業所がある場合には、法人税額を従業者数で按分してから税率を乗じて求めます。
 均等割は、その法人の規模により課税されます。具体的には、資本金等の額と国立市内の従業者数の合計により9段階の税率に区分されます。詳しくは税率表をご覧ください。
 また、事業年度途中で事務所等を開設又は閉鎖をした場合には、月割計算を行います。

関連リンク

法人市民税について

※「用語解説」内のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトの解説ページ(別ウィンドウ)に移動します。

お問い合わせ
政策経営部 課税課 市民税係


住所:186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 1階(15番窓口)
市役所のご案内
電話:042-576-2113(直通)、042-576-2111(内線:111、112、113、115)
ファクス:042-576-0264
お問い合わせフォーム